ニュース
» 2014年08月05日 19時15分 UPDATE

アルミハウジングで振動を抑える:マクセル、ダイナミックドライバー搭載のカナル型イヤフォン「MXH-CA220」

日立マクセルは、カナル型イヤフォン「+Fit」シリーズの新製品を発売する。

[ITmedia]

 日立マクセルは2014年8月5日、カナル型イヤフォンの新製品「MXH-CA220」を発表した。同社が販売しているカナル型イヤフォン「+FiT」シリーズの新製品で、「+FiT Aluminum」という愛称が付いている。価格はオープン。実売予想価格は1800円前後(税別)。本体色はブラック、ヴィンテージゴールド、ブルー、ホワイト、レッド、ピンク、グリーン、ブルー×オレンジの8種類。

hs_Maxell_MXH_CA220_1.jpg 日立マクセルのカナル型イヤフォン「MXH-CA220」。上段左から、ブラック、ヴィンテージゴールド、ブルー、ホワイト。下段左からレッド、ピンク、グリーン、ブルー×オレンジ

 ハウジングに剛性が高いアルミニウム合金を採用した点が特徴。その剛性の高さで、余計な振動を抑える効果があるという。ドライバーはダイナミック型で、直径9ミリ、ネオジムマグネットを使用したドライバだ。

 本体の形状を工夫して、耳によくフィットし、耳の奥まで届く形にした点も特徴。耳の奥まで届く形状により、重厚な音を耳にダイレクトに届けることができるとしている。

 コードが長すぎるときにまとめることができるコードキーパーが付属する点は便利な点だ。コードの長さを自由に調整できるので、コードの取り回しがすっきりする。

hs_Maxell_MXH_CA220_2.jpg 「MXH-CA220」に付属するコードキーパー

 コードキーパーのほかには、イヤーピース(4サイズ)が付属する。重量は14グラム。

■主な仕様

製品名 MXH-CA220
ドライバユニット 直径9ミリ 密閉ダイナミック型
インピーダンス 16オーム
音圧感度 100デシベル/ミリワット
再生周波数帯域 20〜2万2000Hz
最大入力 50ミリワット
コード長 約1.2メートル(Y型)
プラグ 直径3.5mmステレオミニプラグ(L型、金メッキ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.