ニュース
» 2014年08月29日 23時11分 UPDATE

マークレビンソンからUSB-DAC搭載のインテグレーテッド・アンプ「No585」が登場

ハーマンインターナショナルは、マークレビンソンのインテグレーテッド・アンプ「No585」を11月に発売する。マークレビンソンのアナログオーディオパフォーマンスに先進のデジタル・オーディオ再生能力を加えたというアンプ。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは8月29日、マークレビンソンのインテグレーテッド・アンプ「No585」を国内販売すると発表した。価格は140万円(税別)。11月に発売する。

ts_mark01.jpg マークレビンソンのインテグレーテッド・アンプ「No585」

 マークレビンソンのアナログオーディオパフォーマンスに先進のデジタル・オーディオ再生能力を加えたというアンプ。USB入力とESSテクノロジーの32bit対応DACを搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源および5.6MHzまでのDSDネイティブ再生が可能だ。もちろんアシンクロナス伝送に対応する。

ts_mark02.jpg

 パワーアンプは、200ワット+200ワット(8オーム負荷時)の出力を持つAB級アンプ。全段ディスクリート構成のミラーイメージ・デュアル・モノラル設計のアナログ回路をベースとしており、左右チャンネル用に独立した二次巻線を持つ900VAトロイダル・トランスによって電源が供給される。特許技術の「Clari-FiTMシグナルプロセッシング」も備えた。

ts_mark03.jpg 背面端子

 アナログ入力は、XLR1系統およびRCA3系統。デジタル入力はUSBのほかにAES/EBU、同軸デジタル2系統、光デジタル2系統を装備している。

 本体サイズは438(幅)×193(高さ)×507(奥行き)ミリ。重量は32.6キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.