ニュース
» 2014年10月14日 16時27分 UPDATE

出力強化:フォステクス、「かんすぴ」シリーズにぴったりのパーソナルアンプ「AP15d」

フォステクスカンパニーは、スピーカークラフトを手軽に楽しめる「かんすぴ」シリーズの接続に最適なパーソナルアンプ「AP15d」を11月上旬に9800円(税別)で発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フォステクスカンパニーは10月14日、パーソナル・アンプ「AP15d」を11月上旬に発売すると発表した。価格は、9800円(税別)。

hm_fo01.jpghm_fo02.jpg パーソナル・アンプ「AP15d」の前面(写真=左)、背面(写真=右)

 AP15dは、同社の自作スピーカー「かんすぴ」シリーズとの接続に最適なパーソナル・アンプ。2012年に発売した「AP05」に続く第2弾で、最大出力を15ワット+15ワットと強化したのが特徴だ(AP05は5ワット+5ワット)。

 入力端子として、フロントパネルのステレオミニ端子に加えてリアパネルにRCAピンも装備。CDプレーヤーなどの入力ソースを常時接続しておく場合などに便利な設計になっている。

 本体サイズは、110(幅)×30(高さ)×75(奥行き)ミリで質量は250グラム。付属品は、ステレオミニケーブル(0.8メートル)/ステレオRCAケーブル(1.5メートル)/スピーカーケーブル(1.5メートル)×2本/ACアダプターとなる。

hm_fo03.jpg 付属品一式イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.