ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「設計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「設計」に関する情報が集まったページです。

ASUS、奥行き200mm未満の短寸設計を実現したRTX 2070グラフィックスカード
ASUS JAPANは、コンパクトな短寸設計のGeForce RTX 2070搭載グラフィックスカード「DUAL-RTX2070-O8G-MINI」を発表した。(2020/1/17)

オートモーティブワールド2020:
難加工鋼材の活用を設計段階から支援、上流へとカバー領域広げるJFEスチール
JFEスチールは「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)において、自動車用鋼板の開発技術を体系化しソリューションとして提供する「JESOLVA(JFE Excellent SOLution for Vehicle Application)」を訴求。加工が難しい鋼材などが増える中で、従来の素材提供だけではなく、設計フェーズから入り最適な鋼材活用をサポートする価値を訴えた。(2020/1/17)

ママさん設計者が教える「設計者のための部品加工技術の世界」(4):
“丸モノ”を削り出す、切削の代表格「旋盤加工」の技術
設計者でも知っておくべき部品加工技術をテーマに、ファブレスメーカーのママさん設計者が、専門用語を交えながら部品加工の世界を優しく紹介する連載。第4回は、切削の代表格である「旋盤加工」について取り上げる。(2020/1/17)

製造マネジメントニュース:
スズキが四輪開発体制を3つの技術エリアに再編、品質と原価低減で横串を通す
スズキが組織改定や常務役員の委嘱の変更などについて発表した。組織改定では、四輪技術本部と開発本部を廃止して3つの技術エリアに再編するとともに、設計の根幹となる“技術品質向上”と“原価低減”の実現に向けて3つの技術エリアを横串で通す責任者を選定した。(2020/1/16)

メカ設計用語辞典:
OpenGL
メカ設計者のための用語辞典。今回は「OpenGL」について解説する。(2020/1/16)

“脱2次元”できない現場で効果的に3D CADを活用する方法(8):
3D CAD活用で欠かせない「アセンブリ」と「データ管理」について
“脱2次元”できない現場を対象に、どのようなシーンで3D CADが活用できるのか、3次元設計環境をうまく活用することでどのような現場革新が図れるのか、そのメリットや効果を解説し、3次元の設計環境とうまく付き合っていくためのヒントを提示します。今回は、「アセンブリ」の考え方と設計アプローチ、そして、3D CAD活用で重要となるデータ管理について紹介します。(2020/1/15)

Digi-Key Electronics プレジデント兼COO Dave Doherty氏:
PR:サプライヤーとエンジニアの“橋渡し役”、100万品種の追加を目指すDigi-Key
高品質のソリューションを提供するサプライヤーと、それを探すエンジニアの“橋渡し役”を自負するDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。プレジデント兼COO(最高執行責任者)を務めるDave Doherty氏は、エンジニアが必要な物を即座に探し出せる環境とサポートが欠かせないと強調する。2020年は、検索エンジンやオンライン設計ツールへの投資を継続するとともに、100万品種の追加を目指す。(2020/1/15)

LLC共振コンバーターを20%も小型化:
PR:GaNモジュールで実現した1kW高効率スイッチング電源を徹底検証
小型で高効率の次世代電源を容易に開発したい――。こうした電源設計者の願いをかなえることができるGaN(窒化ガリウム)パワーモジュールが登場した。ハーフブリッジ回路をモジュール化することで、高密度実装と優れた放熱特性を両立させた。このGaNパワーモジュールを応用して、スイッチング周波数が1MHzで出力電力1kWの高効率スイッチング電源を作製し、その実力を徹底検証した。(2020/1/14)

開発コードは「Horse Ridge」:
Intel、極低温で動作する量子制御チップを発表
Intelは2019年12月、量子制御チップ「Horse Ridge(開発コード名)」を発表した。Horse Ridgeは、フルスタックの量子コンピューティングシステムの開発を加速させるために設計された、極低温域で動作するプロセッサである。(2020/1/9)

傾斜型π積層構造の分子を合成:
高移動度有機半導体を実現する結晶構造制御法開発
理化学研究所(理研)は、有機分子の構造を精密に設計することで、有機半導体の配列や配向(結晶構造)を有効に制御できることを発見した。傾斜型π積層構造を持つ有機半導体の開発に弾みをつける。(2020/1/10)

3Dプリンタニュース:
加工が容易、フットウェア部材に最適な3Dプリンティング用高性能樹脂
Lanxessは、3Dプリンティング用の高性能樹脂「LFプレポリマー」の提供を開始した。低粘度での設計が可能なため加工が容易でフットウェア部材に最適、かつ危険有害区分は低くユーザーを潜在的な暴露から保護する。(2020/1/9)

USJ、世界最大のフリーウォーク型VR施設を常設オープン 自分の足でVR空間を移動するアトラクションなど実現
VRゲーム空間と実際のプレイフィールドのサイズを同一に設計することで、プレーヤーが実際に歩いたり走ったりしてゲーム空間を移動できるようにするフリーウォーク型のVRアトラクション施設を常設オープンする。(2020/1/8)

岐阜県高山市役所、サイボウズのPaaS「kintone」導入 死亡手続き・観光調査のシステムを自ら開発
サイボウズが、業務用システムの開発に対応したPaaS「kintone」を、岐阜県の高山市役所に提供。業務効率化に向けた実証実験を行う。同市役所の職員が、市民の死去に伴う手続きで使用するシステムと、観光者数の統計調査システムを設計・開発する。(2020/1/8)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(11):
データムを必要とする幾何公差【その4】〜姿勢公差の輪郭度〜
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第11回はデータムを必要とする幾何公差をテーマに、姿勢公差の輪郭度について取り上げる。(2020/1/7)

Autodesk University Japan 2019:
CIM専門部署の設置だけではダメ、「作る」から「使う」“CIM”人材の育成はどうすべきか?
国内外の鉄道・道路・橋梁などの計画や設計、3次元モデル化、インフラマネジメント、まちづくりコーディネートなどを行う中央復建コンサルタンツは、CIMにいち早く取り組み、設計提案に活用してきた。社内では3次元モデルを単に「作る」だけではなく、実践的に「使う」を標ぼうし、CADオペレータや管理者、さらには一般職を対象にした独自の研修を定期開催し、各ポジションでCIMを扱える人材を自社で賄うため育成に努めている。(2020/1/6)

CAEニュース:
線形、非線形構造などの解析機能を搭載した設計者向けCAEソフトウェア
図研アルファテックは、設計者向けCAEソフトウェア「AMPS Designer 10」の日本語版を2020年2月26日をめどに発売する。線形、非線形構造など高度な解析機能を搭載しながら、ライセンス費用を抑えた価格で提供する。(2020/1/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2020年予想 2つの第10世代CoreでモバイルPCが変わる? 5G到来にiPhoneはどうなる?
2020年は2種類の第10世代Coreプロセッサによって、モバイルPCの設計トレンドに変化が起こるかもしれない。一方、国内では立ち上がりが鈍いと予想される5Gだが……。(2020/1/3)

2019年BUILT年間記事ランキング:
全国で進む再開発に注目が、フルハーネスなど法令動向にも高い関心が集まる
2019年を振り返りますと、同年8月に発生した大雨や同年10月19日に発生した台風19号などの大規模災害が思い出されます。建設業界の方々にとっては、耐震、耐風を踏まえた設計や施工、BCPを考慮した施設管理にについて考えさせられた1年になったのではないでしょうか。そんな中、BUILTで2019年に公開された記事の中から、1年間の閲覧ランキングトップ10を紹介します。(2019/12/30)

トレース台が全面に光が届く新設計に! 『ちゃお』2月号に豪華な“まんが家”ふろく
スクリーントーンもついてくる!(2019/12/29)

BIM:
清水建設が目指すRevit基盤の一気通貫BIM、5億円を投じ2021年度に完成
清水建設は、3年間で5億円を投じ、オートデスクのRevitをコアに据え、設計・施工・製作・運用がBIMでつながるプラットフォームの構築を進めている。積算業務の効率化と鉄骨造のコストダウンを図るべく、オートデスクのBIMソフトウェア「Revit」用のアドオン「KAP for Revit(K4R)」を開発した。(2019/12/27)

CADニュース:
「GeForce RTX 2060」標準搭載のCAD設計向けハイスペックノートPC
エプソンダイレクトは、CAD設計向けハイスペックノートPC「Endeavor NJ7000E CAD設計Select」を発表し、2019年12月24日からオンラインショッピングサイトおよびコールセンターを通じて受注を開始した。(2019/12/26)

製造IT導入事例:
航空機メーカーの製造プロセス支援ソリューションを設計
富士通とSAPジャパンは、川崎重工業の航空機設計、製造プロセスの効率化を支援するソリューション「SAP S/4HANA Manufacturing for Production Engineering and Operations」を設計した。紙文書と業務プロセスを電子化し、業務を効率化する。(2019/12/26)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比1%増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比1%増でした。職種別で特に求人件数が増加したのは「実験・評価・解析(機械系)」で前月から25%増加。「サービスエンジニア」「金型設計」なども増えています。(2019/12/25)

メカ設計 年間ランキング2019:
暑いぞ熊谷! ニコンの熱いモノづくり、戦い激しいガチャ市場、意匠法は今風に
2019年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2019年1月1日〜12月22日)をご紹介します。(2019/12/25)

医療機器ニュース:
転倒防止機能を持つロボット歩行車を開発
産業技術総合研究所と幸和製作所は、転倒防止機能を備えるロボット歩行車を共同開発した。転倒動作シミュレーションに基づき設計され、転倒の初動を抑制することで転倒を防止する。(2019/12/25)

メカ設計用語辞典:
VR(仮想現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「VR(仮想現実)」について解説する。(2019/12/25)

GeForce RTX 2060搭載:
エプソンダイレクト、ハイスペックノートPC「Endeavor NJ7000E CAD 設計 Select」を受注開始
エプソンダイレクトは12月24日、CAD設計向けの15.6型ノートPC「Endeavor NJ7000E CAD 設計 Select」を発表、本日から受注を開始した。標準構成価格は21万5000円(税別)だ。(2019/12/24)

ママさん設計者が教える「設計者のための部品加工技術の世界」(3):
ゴムやフィルム、電子部品の加工に最適な「抜き型」とその加工技術
設計者でも知っておくべき部品加工技術をテーマに、ファブレスメーカーのママさん設計者が、専門用語を交えながら部品加工の世界を優しく紹介する連載。第3回は、非金属の周辺部品の加工に欠かせない「抜き型」について取り上げる。(2019/12/24)

ソニー、CMOSイメージセンサーの開発拠点を大阪に開設へ 20年4月から稼働
ソニーが半導体子会社「ソニーセミコンダクタソリューションズ」の新オフィスを大阪に開設する。設立予定日は2020年4月1日。関西での人材獲得によって、CMOSイメージセンサーの設計・開発を強化する。(2019/12/23)

大山聡の業界スコープ(24):
日本の半導体産業は今後どうすべきなのか
筆者は仲間とともに半導体設計開発会社を興すに至った。今回は私事で大変、恐縮ではあるが、新会社に対するこだわりについて述べたいと思う。(2019/12/24)

EIZO、働き方改革向けの22.5型/23.8型液晶ディスプレイ 難燃剤フリー設計で環境にも配慮
EIZOは、3辺フレームレスのスマートなデザインを採用した22.5型/23.8型液晶ディスプレイ計2製品を発表した。(2019/12/20)

メカ設計用語辞典:
PDM
メカ設計者のための用語辞典。今回は「PDM」について解説する。(2019/12/20)

CIM:
パシコンが土木設計のCIMで、ダッソーの3D CAD「CATIA」を選んだワケ
ダッソー・システムズは、2019年から国内の土木分野における3次元CADの領域に本格展開している。他社との差別化になるのがプログラミングツールを有するCATIAだ。CIMモデルにあらかじめプログラミングしておくことで、橋梁の高さや幅といったパラメータを入力すれば、自動で反映され、修正されたモデルが生成される。今までのように人の手で計算して、ゼロから図面を書き直す必要がなくなり、設計業務のリソースが大幅に削減される。(2019/12/19)

シュナイダーエレクトリック、リチウムイオンバッテリーを採用した長寿命設計のラックマウント型UPS
シュナイダーエレクトリックは、長寿命設計を実現したラックマウント型UPS「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発売する。(2019/12/18)

XR:
3D赤外線カメラでモデル作成、ウォークスルーやVR/MRで各段階の合意形成
大成建設は3D赤外線カメラで取得した画像を合成して、建築物を3次元モデル化し、3DウォークスルーやVR/ARで合意形成を図るサービスを開始した。企画、設計、施工、維持管理の各フェーズで利用することにより、会議の削減や手戻りの解消といった効率化が見込める。(2019/12/18)

「ソフトウェア定義境界」(SDP)とは【後編】
次世代セキュリティ概念「ソフトウェア定義境界」(SDP)を知る6つのシナリオ
「ソフトウェア定義境界」(SDP)は、セキュリティの強化を考慮して設計された概念だ。SDPを具現化する6つのシナリオを見てみよう。(2019/12/18)

基盤自動化とコンテナが描くマルチクラウドの世界観
レガシーとデジタルが共存する時代のハイブリッドクラウドアーキテクチャとは
デジタル変革の号令の下、企業ITのクラウドネイティブ化が進む。クラウドネイティブ化「しない」システムとの併存や全体の運用効率化はどう設計すべきだろうか。企業ITならではの問題の解決策を聞いた。(2020/1/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
扇風機のリンク機構/公差がなぜ必要なのか/モデリングの基本 〜メカ設計の2019年を振り返る【連載記事編】〜
メカ設計フォーラムの執筆陣に支えられ、今年もたくさんの連載記事が公開されました!(2019/12/17)

CAEニュース:
三菱自動車、空力性能と通風性能を両立する大規模多目的最適化手法を活用
三菱自動車は、ヴァイナスの高速多目的設計探査システム「iDIOS-CHEETAH」「New Sculptor」を用いて大規模多目的最適化手法を開発し、空力性能と通風性能を両立する車体形状のアイデアの抽出に取り組んでいる。(2019/12/18)

成功への鍵は「一貫性」と「最適化」
DXに向けた「ハイブリッドクラウド」を支えるITインフラを再設計するポイント
オンプレミスとクラウドをつなぐハイブリッドクラウドは、DX実現への第一歩だ。しかし既存ITにどこまで手を入れるのか、クラウドとどう使い分け、連携させるのか、必要なスキルは何かなど検討すべきことは多岐にわたる。まず何をすべきか。(2019/12/19)

電子ブックレット:
隈研吾氏設計のスコットランド美術館での施工BIM事例
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、スコットランドの美術館「V&A Dundee」での手戻り無しのBIM活用やトータルステーションとクラウドサービスを連携した3D墨出しに関する講演のレポートです。(2019/12/16)

メカ設計用語辞典:
FMEA
メカ設計者のための用語辞典。今回は「FMEA」について解説する。(2019/12/16)

Autodesk University Japan 2019:
三菱地所設計が提唱する「DynamoとExcelを利活用した情報連携のススメ」
「Autodesk University Japan 2019」で繰り広げられたセッションのうち、三菱地所設計が効率化の核と位置付けるDynamoとExcelの連携について、実際の作業手順をレクチャーした講演について採り上げる。(2019/12/16)

ASUS、法人向けの2in1タイプChromebook「ASUS Chromebook Flip C214MA」に英語キーボードモデルを追加
ASUS JAPANは、フリップ機構を備えた2in1設計のChromebook「ASUS Chromebook Flip C214MA」に英語キーボードモデルを追加した。(2019/12/13)

3Dプリンタニュース:
積層造形部品の設計プロセスを最大80%縮小する最適化ソリューション
エムエスシーソフトウェアは、積層造形に向けた設計プロセスの完全な自動化により効率化を図る最適化ソリューション「MSC Apex Generative Design」を発表した。積層造形可能な部品の設計案をわずか数時間で作成する。(2019/12/13)

エイサー、堅牢設計のCore i3搭載ChromeBookなど2製品
日本エイサーは、15.6型ワイド液晶を搭載したChromeBook計2製品を発表した。(2019/12/12)

蓄電・発電機器:
伊藤忠とエヌエフ回路、蓄電システム事業の合弁会社設立へ
伊藤忠商事とエヌエフ回路設計ブロックは、両社が共同開発した蓄電システムに関する事業を、両社が出資する合弁会社による合弁事業として実施することで合意した。(2019/12/12)

3Dプリンタニュース:
単一素材から多様な触感を表現するデータ設計技術を開発
慶應義塾大学SFC研究所は、3Dプリンタを用いて触感、通気性、重量を自在に変化させられる単位格子と、それを連続的に分布させ、形状内部に配置できるデータ設計技術を開発した。(2019/12/12)

第3回橋梁・トンネル技術展:
「設置して押して通すだけ」技術者不要のシンプルなたわみ計測
国土交通省のデータによれば、国内にある約72万橋のうち、約6万橋は早期措置または緊急措置段階にあると報告されている。鋼構造物の設計・調査・点検・コンサルタントを手掛けるTTESは、機器を置くだけで橋梁の予防保全が実現する「たわみ」測定システムを開発した。(2019/12/12)

医療技術ニュース:
分子ナノシステムを設計し、筋収縮時の分子の動きを捉えることに成功
理化学研究所は、筋収縮の最小機能単位であるサルコメア構造の一部を人工的に設計し、筋収縮の瞬間におけるモーター分子の動態を直接的に捉えることに成功した。肥大型心筋症の要因となるミオシン変異体を分子レベルで詳細に診断可能になる。(2019/12/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。