ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘッドセット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドセット」に関する情報が集まったページです。

サンワ、リモートワークなどにも好適なアナログ接続対応の軽量ヘッドセット
サンワサプライは、4極アナログ接続に対応した軽量タイプのヘッドセット「MM-HS408BK」を発売する。(2024/7/9)

充電しながらイヤフォンが使えるUSB Type-Cオーディオ変換アダプター発売 バッファローから
バッファローは、PD充電可能なUSB Type-Cオーディオ変換アダプター「BSMPCPD350シリーズ」を発売。イヤホンジャックのないUSB Type-C端子に接続すれば、有線イヤフォンやヘッドフォン、ヘッドセットを利用できるようになる。(2024/7/3)

「Apple Vision Pro」日本でも販売開始 Appleストア店内の様子は
米Appleが6月28日、MRヘッドセット「Apple Vision Pro」を日本でも販売を開始した。各AppleストアではApple Vision Proの展示および販売が開始されていた他、Apple Vision Proのデモも受けられるようになっている。(2024/6/28)

ロジクールのマウスやキーボード、ヘッドセットがセール中! クーポン適用でさらに10%オフ
ロジクールが入力機器やヘッドセットなどをお得に買えるキャンペーンを開催中だ。セール価格になっていないものでも、対象製品であればクーポンの適用で10%オフで購入できる。Amazon.co.jpでもタイムセールを開催しているので、併せてチェックしてみてほしい。(2024/6/24)

平均販売価格は1000ドル以上に上昇 IDC調査:
AR/VRヘッドセット世界出荷台数、2024年第1四半期は前年同期比67.4%減 MR「Apple Vision Pro」の影響は?
IDCによると、2024年第1四半期のAR/VRヘッドセットの世界出荷台数は前年同期比で67.4%減少した。(2024/6/21)

Turtle Beach、オープンエアー型ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Atlas Air」
SB C&Sは、Turtle Beachブランド製ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Atlas Air」の取り扱いを発表した。(2024/6/20)

Apple Vision Proで「SteamVR」実現 PCVR化できる無料アプリ「ALVR」、App Storeに登場
非対応のVRヘッドセットであっても、PCとつなげて「SteamVR」に対応させる無料アプリ「ALVR」が、Apple Vision Proに対応した。これにより、PCからApple Vision Proへ、Wi-Fi経由でSteamVRに対応したゲームやアプリのストリーミングプレイが可能になるという。(2024/6/20)

Logitech(ロジクール)、Meta Quest向けスタイラス「MX Ink」を123ドルで発売へ
Logitech(日本ではロジクール)は、米MetaのMRヘッドセット「Quest 2」および「Quest 3」向けの初のMRスタイラス「MX Ink」を発表した。米国では年内発売の予定で、価格は129.99ドルだ。(2024/6/18)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
スウェーデン発祥のハードウェアメーカー「Fractal Design」の新製品お披露目会に潜入 Raspberry Pi用ケースも登場
スウェーデン発祥のハードウェアメーカー「Fractal Design」が、COMPUTEX TAIPEI 2024に合わせてプライベート展示会を開催した。人気のPCケースはもちろんだが、PCチェアやヘッドセットといった新機軸の製品も投入するというので、見に行ってみた。(2024/6/13)

Apple Vision Pro、日本で6月28日に発売へ 59万9800円から
米Appleは6月10日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC24」において、同社のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」を日本を含む8カ国で発売すると発表した。価格は59万9800円から。(2024/6/11)

Appleの「Vision Pro」が日本上陸、6月28日に発売 59万9800円
Appleが、XRヘッドセット製品「Apple Vision Pro」を日本で6月28日に発売することを告知した。Vision Proは、Appleが「空間コンピュータ」をうたうデバイス。2023年の開発者向けイベント「WWDC23」で発表され、2024年2月2日に米国にて発売された。(2024/6/11)

サンワ、長時間通話をサポートした両耳タイプのBluetoothヘッドセット
サンワサプライは、ノイズキャンセリング機構を備えた両耳タイプのBluetoothヘッドセット「400-BTSH026BK」の販売を開始した。(2024/6/10)

「PS VR2」がPCゲームに対応 専用アダプターでSteamのVRゲームが遊べる
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のVR.ヘッドセット「PlayStation VR2」がSteamに対応する。8月7日発売の専用アダプターを装着することで、PS VR2でPCのVRゲームがプレイできるようになるという。(2024/6/3)

ARのMagic Leap、Googleと戦略的技術提携 「没入型体験を進化させる」
ARヘッドセットを手掛けるMagic Leapは、Googleと戦略的技術提携を結んだと発表した。GoogleはGoogle I/Oでの「Project Astra」紹介デモでスマートグラスをチラ見せしていた。(2024/5/31)

AmazonスマイルSALE:
ディズニーデザインも対象! ベルキン(Belkin)の子ども向けヘッドセットなどがお得!
Amazonが6月3日まで開催する「AmazonスマイルSALE」では、ベルキン(Belkin)のUSBハブやドッキングステーション、完全ワイヤレスイヤフォン、子ども向けヘッドセットなどが通常価格より割引価格で購入できる。(2024/5/31)

気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す
ロジクールから、ポップな見た目のBluetoothワイヤレスヘッドセット「Zone 300」が発売される。発売日の5月30日を前に、実機を試してみた。(2024/5/29)

スマホでゲームを選んで音質設定できるSteelSeriesの最新ヘッドセットが登場 「Arctis Nova 5」が24日に発売
スマートフォンアプリ「Arctis Nova 5 専用アプリ」と連携するSteelSeriesの最新ヘッドセットが24日に発売する。(2024/5/15)

「Meta Quest 2/3」にトラベルモードが追加 もう飛行機内でメニューが吹っ飛ばない
VR/MRヘッドセット「Meta Quest 2/3」が飛行中の航空機内でも利用できるようになる。(2024/5/14)

バットマン アーカムの新作ゲーム「シャドウ」は「Quest 3」独占に
MetaはVRヘッドセット「Quest 3」専用ゲームとして「Batman: Arkham Shadow」を今年後半に発売すると発表した。「マーベルアイアンマン VR」で知られるMeta傘下のCamouflajが制作する。(2024/5/2)

ロジクール、軽量設計のスタンダードBluetoothワイヤレスヘッドセット
ロジクールは、長時間利用にも適した軽量筐体を採用するBluetoothワイヤレスヘッドセット「Zone 300」を発表した。(2024/4/26)

ソースネクスト、ノイズキャンセリングマイクを備えたオープンイヤー型ヘッドセット
ソースネクストは、Bluetooth接続に対応したオープンイヤー型ヘッドセット「Open Air Wearable Stereo Headphone」の販売を開始する。(2024/4/25)

MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中
既にASUSやLenovoが新ハードを開発中だという。(2024/4/23)

「Meta Horizon OS」がAndroidのようなオープンに MicrosoftやASUSがMRヘッドセットを開発中
Metaは、MRヘッドセット「Quest」シリーズのOSを「Horizon OS」としてオープン化すると発表した。既にASUSなどが独自ヘッドセットを開発中だ。「Appleのようなクローズドである必要はない」とザッカーバーグCEO。(2024/4/23)

デル、双方向型ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドセット
デル・テクノロジーズは、AIベースの双方向ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドセット「Dell PremierワイヤレスANCヘッドセット - WL7024」を発売した。(2024/4/22)

ロジクール、高音質を実現するグラフェンドライバーを採用したワイヤレスゲーミングヘッドセット
ロジクールは、高音質ドライバーを搭載したワイヤレスゲーミングヘッドセット「ASTRO A50 X」を発表した。(2024/4/17)

ベルキン、最大65時間再生可能なブームマイク搭載ワイヤレスヘッドセット発売 Amazonでオーディオ製品の30%オフセールも
ベルキンは、4月3日にワイヤレスヘッドセット「Belkin SoundForm Adaptワイヤレスオーバーイヤーヘッドセット」をAmazon限定で発売。4月9日まで本製品をはじめオーディオ製品が30%オフになるセールも開催する。(2024/4/4)

ダイソーの本気を見た! 1100円のヘッドセットやBT 5.3対応完全ワイヤレスイヤフォンを試して分かった強みと弱み
大創産業が「東京ガールズコレクション 2024 SPRING/SUMMER」出展に合わせ、コラボ製品を発表。旬なカラーリングのスマホ関連グッズが低価格で販売されるとのことで、SNSもざわつきました。編集部でも、いくつかのアイテムをピックアップして購入してみましたが果たして……。(2024/3/27)

JBL、2.4GHz帯接続も利用できるワイヤレスゲーミングヘッドセット「Quantum 360P WIRELESS」
ハーマンインターナショナルは、JBLブランド製となるデュアルワイヤレス接続対応のゲーミングヘッドセット「JBL Quantum 360P WIRELESS」を発表した。(2024/3/22)

「Meta Quest 2」値下げ、過去最安の3万1900円に
米MetaのVRヘッドセット「Meta Quest 2」が、Amazonや家電量販店だけでなく、Metaの公式ストア含め値下げされている。対象は128GBモデルで3万1900円で販売。これは発売当初の販売価格を下回っており、Quest 2にとって過去最安となる。(2024/3/21)

Marketing Dive:
Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマーケティング活用に参入した。ガイド付き瞑想やインタラクティブな「ペイントバイナンバー」ゲームなどのリラックスできるアクティビティーでユーザーの癒しを促す。(2024/3/5)

PR:ロジクールのキーボードやマウスが「Amazonタイムセール祭り」でお買い得!
Amazon.co.jpで開催中の「Amazonタイムセール祭り」で、ロジクールのマウス/キーボードやヘッドセット、スピーカーなどPC向け周辺機器がお得に購入できるようになっている。セール対象商品の中でも、特にお勧めのアイテムを紹介しよう。(2024/3/1)

マスク型の音漏れ抑制ヘッドセット、キヤノンが発売 外出先でのビデオ会議などに
キヤノンマーケティングジャパンは13日、装着した人が発した声の音量を下げるウェアラブルデバイス「Privacy Talk(プライバシートーク)」を発表した。(2024/2/13)

デル、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスを発売 周辺機器の利用状況の調査結果も公表
デル・テクノロジーズは、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスおよびなどの周辺機器を発売した。【更新】(2024/2/7)

iPhoneの「空間ビデオ」、Meta Questシリーズで再生可能に
米MetaのXRヘッドセット「Meta Quest」シリーズのアップデートにおいて、iPhoneで撮影した空間ビデオの再生に対応する。該当バージョンは「v62」で、順次提供予定としている。(2024/2/3)

パナソニック、シフトール全株式を譲渡 クリーク・アンド・リバー社に
パナソニック ホールディングスは31日、VRヘッドセットなどの開発を手掛ける子会社・Shiftallの全株式をクリーク・アンド・リバー社に譲渡すると発表した。(2024/1/31)

VRヘッドセットとARグラスは何が違う? メリットとデメリットを解説
VRヘッドセットとARグラスは似ているかもしれませんが、実は機能面ではかなり違います。VRヘッドセットは、装着者の視界を完全に覆ってしまうのが特徴。ARグラスは、ちょっと大きめのサングラスといった製品です。(2024/1/29)

サンワ、ノイキャン+指向性マイク搭載のBluetooth骨伝導ヘッドセット発売
サンワサプライは、Bluetooth骨伝導ヘッドセットを発売。耳をふさがず周りの環境音を遮断せずに利用でき、ノイズキャンセル機能+単一指向性マイク搭載でスムーズな通話を可能とする。価格は2万900円(税込み)。(2024/1/25)

Microsoft Teams、メタバースでの会議が可能に Meta Questなら没入できる
MicrosoftはWeb会議サービス「Teams」で3Dイマーシブ空間(≒メタバース)でミーティングできる「Mesh for Teams」の正式版をリリースしたと発表した。PCからも参加できるが、米MetaのQuestヘッドセットを装着するとより没入できるとしている。(2024/1/25)

EMEET、耳をふさがないオープンイヤー型設計のワイヤレスヘッドセット
EMEETブランド(深セン壹秘技術)は、オープンイヤー型デザインを採用したBluetoothワイヤレスヘッドセット「AirFlow」を発表した。(2024/1/22)

「Apple Vision Pro」予約スタート まずは米国のみ 日本から購入するチャレンジャーも
米Appleは1月19日、MR(Mixed Reality)ヘッドセット「Apple Vision Pro」の予約をスタートした。米国では2月2日以降での販売を予定している。3499ドル(約51.8万円)にもかかわらず、日本から購入を試みるユーザーが複数現れた。(2024/1/19)

「Apple Vision Pro」で楽しめるDisney+の3D映画などラインアップ紹介
Appleは、2月2日の米国での「Apple Vision Pro」発売を前に、このヘッドセットで楽しめるエンターテインメントコンテンツを紹介した。「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」などの3D版を視聴できる。(2024/1/17)

MSI、折りたたみ機構を備えたワイヤレスゲーミングヘッドセット 最大22時間動作が可能
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社初となるワイヤレスゲーミングヘッドセット「IMMERSE GH50 WIRELESS」を発表した。(2024/1/12)

Innovative Tech:
家庭用ヘッドセットから脳に“電流” うつ病に効く? 欧米の研究者らが174人で実験
英University of East Londonや米University of Texas Health Science Center at Houstonなどに所属する研究者らは、家庭で使用するヘッドセットを用いて脳に定期的に電気を流すことによるうつ病への効果とその安全性を検証した研究報告を発表した。(2024/1/12)

Apple Vision Pro向けアプリ開発ガイドライン公開 「AR/VR/XR/MRアプリと呼ぶなかれ」
Appleは、空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」向けアプリストアの開発者向けガイドラインを公開した。アプリは「空間コンピューティングアプリ」と呼び、AR/VR/XR/MRアプリと呼んではならないとしている。(2024/1/10)

Appleが空間コンピューティングデバイス「Vision Pro」を米国で発売 約50万円から
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」が、米国で2月2日に発売される。予約開始は1月19日からで、米国が居ての展開は現時点で不明だ。(2024/1/9)

AppleのMRヘッドセット「Vision Pro」、米国で2月2日発売 度付きレンズは別料金
Appleは、同社初のMRヘッドセット「Vision Pro」を米国で2月2日に発売すると発表した。価格は昨年6月に発表された通り3499ドル(約50万円)からで、1月19日に予約受け付けを開始する。(2024/1/9)

クリエイティブメディア、LC3plusコーデック対応の超低遅延ゲーミングワイヤレスヘッドセット
クリエイティブメディアは、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Sound Blaster GH7」を期間限定の特別価格にてオンラインで先行販売する。(2024/1/5)

サンワ、骨伝導×空気伝導のデュアルスピーカーを採用したヘッドセット
サンワサプライは、骨伝導×空気伝導のデュアルスピーカーを採用し、着脱可能な外付けマイクが付属したBluetooth骨伝導ヘッドセット「400-BTSH025」を発売した。価格は7680円(税込み)。(2024/1/5)

Amazon初売りセール:
オン/オフ問わずに使いたいJBLサウンドバーやヘッドセットがお得
1月3日にAmazon初売りセールが始まった。JBLは、サウンドバーやポータブルスピーカー、ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォン/ヘッドセットなどを出品している。オンタイム/オフタイムのどちらでも使い勝手が良さそうだ。(2024/1/3)

Innovative Tech:
装着していないVRヘッドセットが"動く対話ロボット”に 置き台ごと変形 北海道大「OMEME」開発
北海道大学のヒューマンコンピュータインタラクション研究室に所属する研究者らは、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を置くと置き台ごと動くコンパニオンロボットになるシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。