ニュース
» 2014年12月07日 09時00分 UPDATE

ナスペック、4Kアップスケーリング機能を備えたユニバーサルプレーヤー「BD32 MkII」発売

ナスペックは、スウェーデンPrimareのハイエンドユニバーサルプレーヤー「BD32 MkII」を発売した。192kHz/24bitまでのPCM再生や、ネットワーク/USBメモリ経由のDSD再生も可能になった。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ナスペックは、スウェーデンのオーディオブランドPrimare(プライマー)のハイエンドユニバーサルプレーヤー「BD32 MkII」を12月10日に発売する。価格は70万円(税別)。

 ハイエンドユニバーサルプレーヤー「BD32 MkII」

 BD32 MkIIは、BD32の後継機種。従来機で対応していたBlu-rey 3D、BD、DVD、DVD-Audio、SACDなどに加え、192kHz/24bitまでのPCM、ネットワーク/USBメモリ経由のDSD(2.8MHzまで)の再生も可能に。

 また、新たに4Kアップスケーリング機能を備え、DVDその他のムービーファイルなどの映像を4Kクオリティに変換できる。

 インタフェースは3D対応のHDMI1.4出力端子×2系統に加え、アナログ音声出力として7.1チャンネルRCAアンバランス出力端子、ステレオXLRバランス出力端子、ステレオRCAアンバランス出力端子各1系統を装備。デジタル出力はCoaxial(RCA)×1系統、Optical(TOS-link)×1系統を備えている。入力用としてはMHL対応のHDMI端子×1系統、LANポート×1系統、さらにUSB端子を2系統備え、USBフラッシュメモリ内に保存した音楽、ムービー、写真を楽しめる。

 BD32 MkII背面部

 このうちHDMIには、A/Vスプリット機能を搭載。ディスプレイに映像を、AVアンプに音声のみを送信する「理想的な」伝送を可能にした。

 電源部は前モデルより改良され、メカ、ビデオ、ディスプレイの各セクションが干渉しないようセパレートスイッチング電源を、オーディオセクションではC-コアトランスを使用したリニア電源を採用。平滑電源コンデンサは低ESRの2200μFや4700μF電解コンデンサを複数個使用。コンデンサ容量は8万4000μFと、十分な余裕をもたせた設計に。また電源の供給カイロも最短となるようにも設計。高速かつ安定した電源供給により、各セクションのパフォーマンスが最大限に発揮され、ビジュアル・サウンドイメージを大幅に向上させたという。

 表示部には、視認性が高い白色有機OLEDディスプレイを採用。ほかのPrimare製品と互換性のある「リモコン C24」も付属する。本体カラーはBLACKとTITANIUMの2種類。サイズは430(幅)×380(奥行き)×106(高さ)ミリ、重量は約10キロ。

 表示部に白色有機OLEDディスプレイ採用
mwls002-2.jpgmwls002-3.jpg カラーはBLACK(写真=左)とTITANIUM(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.