ニュース
» 2015年01月07日 16時12分 UPDATE

パイオニア、Android Auto対応製品を3月から北米などで販売

パイオニアの連結子会社Pioneer Electronicsが、「2015 International CES」でAndroid Autoに対応した製品を発表。3月から北米、西欧、豪で販売する。

[渡辺まりか,ITmedia]

 パイオニアの連結子会社Pioneer Electronicsは、米ラスベガスで開催中の「2015 International CES」で現地時間の1月6日、Android Autoに対応した市販カーエレクトロニクス製品を発表。3月から北米、西欧、豪市場で販売する。

 Android Autoとは、Android端末を接続してカーナビやメールチェック、オーディオ鑑賞などが可能になるプラットフォーム。運転中の安全に配慮したシンプルで直感的なインタフェースとボイスコントロール機能が特徴となっている。

mwls011-1.jpgmwls011-2.jpg シンプルで直感的なインタフェースとボイスコントロール機能を搭載

 北米市場に向けたAndroid Auto対応モデルに搭載している主な機能は以下のとおり。

  • HDMI、ワイドバンド・スピーチ、A2DP AAC Bluetooth対応
  • Apple CarPlay対応
  • MirrorLink、HD Radio、iDataLink Maestro対応
  • デュアルゾーン オーディオ(フロントとリアでそれぞれ別の映像・音声を出力)再生機能搭載

 なお、Android Auto対応OSはAndroid 5.0(Lollipop)以降となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.