インタビュー
» 2015年01月07日 23時04分 UPDATE

2015 CES:ソニー担当者に聞く――ウォークマン「NW-ZX2」と新コーデック「LDAC」の特徴 (2/3)

[山本敦,ITmedia]

ハイレゾに迫る圧縮効率を実現する新コーデック「LDAC」

 ウォークマン「NW-ZX2」が対応する、BluetoothをソニーがBluetoothテクノロジーをベースにハイレゾ音源の伝送にも対応する新コーデック「LDAC」の発表は、今回のCESでソニーが発表したオーディオ技術の革新の1つだ。そのさらに詳細な内容について大庭氏にうかがった。

ts_09cessony03.jpg Bluetooth経由でハイレゾ相当の高音質なワイヤレス再生を実現する「LDAC」を発表

ts_09cessony04.jpg その効果を体験できる展示に注目が集まった

 その特徴はBluetoothの音楽再生プロファイルである「A2DP」の標準コーデックである「SBC」よりも最大約3倍の情報量が伝送できるところ。LDAC対応の機器どうしであれば、CD品質の音源だけでなくハイレゾ音源もワイヤレス環境でもより高音質に楽しむことができる。ワイヤレス環境でも、より高品位な音楽再生を楽しみたいというユーザーニーズの高まりを受けて、ソニーが独自に開発を進めていたものだ。

 ソニーは今回のCESで新しいコーデックのLDACに対応する製品として、ウォークマン「NW-ZX2」のほか、ヘッドフォン「MDR-1ABT」、「SRS-X99」「SRS-X88」をはじめとするワイヤレススピーカー、ホームシアターシステム、AVアンプの新製品を一堂に発表した。これらの製品は今年の春からグローバルに導入が計画されているものばかりだ。

 LDACの転送ビットレートは最高品質の990kbps、標準品質の660kbps、接続時の安定性を優先した330kbpsの3種類から選べる。「NW-ZX2」はデフォルトで660kbpsに設定されているようだ。「LDACは圧縮効率を高めていることから、330kbpsの設定時でもSBCの328kbpsと比較して音質がよくなっています」という大庭氏。同等ビットレートでも送信できるデータ容量が多いところが特徴というわけだ。

ts_09cessony05.jpg LDACの再生品質の選択画面

 従来のSBCコーデックは転送ビットレートの上限が328kbpsとなり、音楽信号をダウンサンプリングした後に符号化する必要があったため、伝送時に著しい音質劣化を伴っていた。LDACであれば最大96kHz/24bitまでのハイレゾ音源をもそのまま符号化して、Bluetoothの規格上限である1Mbpsに迫る最大ビットレート990kbpsの伝送速度でワイヤレス伝送が可能。この信号をヘッドフォンやスピーカーなど、受信側でデコードをかければ、96kHz/24bitの信号フォーマットのまま受けることができる。

 もちろん、本来は4.5Mbps相当(96kHz/24bit)のデータ量を最大990kbpsにまで折り畳むため、非可逆方式での信号圧縮が必要となり、音質そのものは劣化を伴う。その限られた転送ビットレートの中で最大限に音質を高めるためのコーデック設計がLDACの特徴だ。一定のビットレート以上で音質が飽和することなく、1Mbps近くまで情報量に応じてサウンドクオリティーも高くなるように設計されているという。

 ビット深度と周波数帯域を維持したまま、フォーマット上は96kHz/24bitをキープ。ダイナミックレンジもSBCよりさらに広く確保され、周波数方向に96kHz/24bitまで広がっている。なお192kHz/24bitのファイルを伝送する場合は、いったん96kHz/24bitにダウンコンバート後に伝送する仕組みになっているそうだ。

 妨害がない状態であれば既存のコーデックと伝送距離の差はなく、ソース側のパワーや受け側の感度にも依ってくるが、対妨害ノイズ性能では330kbpsを超えてくると、2.4GHz帯の電波周波数帯を使用しているため、Wi-Fiと干渉はしやすくなるという。ただし、660kbpsの場合でも実用性の面ではSBCの328kbpsと差がなく、外出先でウォークマンとワイヤレスヘッドフォンを携帯しながら音楽を聴くぶんには問題はなさそうだ。

 LDAC対応のオーディオ機器は当面ソニー製品が中心になりそうだが、「将来の展開としてはライセンス提供も含めて、LDACを外部に広く提供していくことも検討しています」と大庭氏は語る。

 なお、ハイレゾ対応“ウォークマン”の入門機である「Aシリーズ」も、今後ファームウェアのアップデートでLDACに対応する予定だという。Aシリーズは高音質コーデックのaptXにも対応しているので、LDACとの聴き比べも楽しめそうだ。なお、「NW-ZX1」「NW-F880」のLDAC対応は検討されていないようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう