ニュース
» 2015年01月23日 16時06分 UPDATE

日本限定の静寂:史上最高のボーズノイキャンヘッドフォン「QuietComfort 25」に日本限定バージョンが登場

ボーズが「史上最高のノイズキャンセリング」とうたうヘッドフォンに、日本伝統色から着想を得た「QuietComfort 25−JAPAN CONCEPT MODEL」2モデルが登場。日本限定・数量限定で1月23日から予約受付を開始した。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ボーズは1月23日、日本限定で「QuietComfort 25−JAPAN CONCEPT MODEL(クワイアットコンフォート 25 ジャパンコンセプトモデル)」2モデル「MAKI-E(蒔絵)」と「SUMI(墨)」の予約受付を開始した。発売は3月10日、価格は4万円(税別)。

mwls017-1.jpgmwls017-2.jpg 「QuietComfort 25 headphones−JAPAN CONCEPT MODEL」MAKI-E(写真=左)とSUMI(写真=右)

 カラー以外の仕様はQuietComfort 25(価格は税別で3万円)と同様で、イヤーカップの内側と外側にマイクを備え、捉えた騒音の逆相位の音を作り出すノイズキャンセリング機能搭載。ヘッドフォンとしてのリスニングに最適な音質補正を行う「アクティブ・イコライザー」や豊かな低音再生を可能にする「TriPort テクノロジー」などの採用により、音質面でもこだわっている。

 また、長時間着用していても快適なように、頭を締め付ける圧力を必要最小限に抑え、イヤークッションには超低反発素材を採用。ヘッドバンドとイヤーカップも見直しを図り、軽量化されている。

 今回限定発売されるMAKI-Eは、漆で描かれた模様の上に、金銀などの色粉で絵模様を表現していく伝統技法の蒔絵(まきえ)を、インナーヘッドバンドに配したつやのあるゴールドとイヤーカップのマットな白銀色で表現。

 SUMIは、一切の華飾を削ぎ落とし、黒の濃淡、またグロスとマットにより、墨の奥ゆかしい美しさを表現した。

 電源は単四形乾電池1本で、35時間の連続再生に対応。電池が切れても、ノイズキャンセリング機能なしのパッシブヘッドフォンとして利用可能。ケーブルに搭載したマイク付きリモコンにより、対応するアップル製品に接続して通話やオーディオ操作ができる。入力プラグは3.5ミリ4極で、ケーブルは着脱可能な長さ142センチ。サイズは152(幅)×191(高さ)ミリで、電池とケーブルを除いた重量は195グラム。キャリングケースと航空機内オーディオに対応したデュアルプラグ、単四形アルカリ乾電池1本が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.