特集
» 2015年02月09日 10時00分 UPDATE

ハイレゾ対応ポタアン検証:サウンド・ハンドリングともに高い次元でバランスの取れたポタアン――オーテク「AT-PHA100」 (1/4)

「AT-PHA100」は、オーディオテクニカが“満を持して送り出した、ハイレゾ対応DAC内蔵の本格的なポタアン。サウンドや使い勝手の面でオーディオテクニカらしさを打ち出しているモデルなのか、じっくりと検証してみたい。

[山本敦,ITmedia]

 オーディオテクニカはこれまでに据え置き型のヘッドフォンアンプとしては、真空管を搭載した「AT-HA22TUBE」やPCで楽しむハイレゾオーディオをターゲットにしたコンパクトな「AT-HA40USB」など、個性的なモデルの数々を発売してきた。それだけに、今回紹介する「AT-PHA100」がハイレゾ対応DACを内蔵する初めての本格的なポタアンであると聞くけば意外にも感じられてしまう。言わば“満を持して”発売された本機が、サウンドや使い勝手の面でオーディオテクニカらしさを打ち出しているモデルなのか検証してみたい。

ts_at100pha01.jpg オーディオテクニカのポータブルヘッドフォンアンプ「AT-PHA100」

ハイレゾ再生のトレンドを満遍なく抑えた仕様

 「AT-PHA100」の本体サイズはiPhone 6よりは少し縦の寸法が短く、ちょうどiPhone 5sにぴたりとフィットするぐらいだ。ポータブルオーディオプレーヤーやスマホを本体に重ねて持ち歩きやすいよう、ラバーバンドを2個にラバーマットも付属している。片手で持つとずっしりと確かな手応えを感じる。高級感あふれるヘアライン仕上げを施したブラックのアルミボディーは堅牢製が高く、ポータブル用途に最適化された外装の仕様だ。

ts_at100pha02.jpg 手のひらにコンパクトに収まるサイズ感

ts_at100pha09.jpg iPhone 5sをラバーバンドで固定したところ。iPhoneにケースを付けているぶん若干寸法が大きくなっているのを加味してサイズ感を参考にしていただきたい

 ボリュームノブも一般的なポタアンに多くみられるフロントパネルに配置するのではなく、本体シャーシの側面にスリットを設けて配置したことで誤動作を防ぐ工夫も凝らされている。ボリュームノブ自体にアルミの切削素材を使って、ルックスの統一感にも気を配った。きっと多くのユーザーにとって高い満足度が得られると思う。

ts_at100pha08.jpg 本機の付属品一式。ラバーバンドやアナログ接続用のピンプラグなどが付いてくる

 DACチップにはESSの「ES9018K2M」を選択。PCMは384kHz/32bit、DSDは5.6MHz、2.8MHzに対応した。USBオーディオ用のICにはSAVITECHの「BRAVO-HD SA9227」を採用し、DSD 5.6MHzはDoPのみになるが、2.8MHzはASIOとDoPの両方でネイティブ再生をサポートする。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.