ニュース
» 2015年03月06日 09時00分 UPDATE

新しい部屋に合いそうなシンプルベーシックデザイン:ナスペック、モデルチェンジした新Minxシリーズを発表

ナスペックは3月6日、Cambridge Audioブランドの小型スピーカー「Minx」シリーズをモデルチェンジした新シリーズ8製品を発表した。発売予定日は3月10日。予想実売価格は1万4000円から。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ナスペックは3月6日、Cambridge Audio(ケンブリッジ・オーディオ)の小型スピーカー「Minx」(ミンクス)シリーズを刷新し、新シリーズとして8製品を発表した。3月10日発売予定。

 Cambridge Audio「Minx」シリーズのシステムセット。X201とMin 12をセットにしたMinx 215-5.1 WHT(写真=左)、X301とMin 22をセットにしたMinx 325-5.1 BLK(写真=右)

 Minxは生活に溶けこむシンプルなデザインで、小型ながら本格的なサウンドを生み出すHi-Fiスピーカーシステム。一般的な2chスピーカーと違い、サウンドの拡散性に優れるため、部屋の広範囲にわたってベストなリスニングポジションが得られるのが特徴だ。

 今回はMinxオリジナルBMRドライバーを設計し直し、ストロークを従来型の2.2ミリからほぼ倍の4ミリに増加。これまで以上にディテールを細部にわたって再現し、全帯域でスムーズかつ洗練された音を再生できるようになったという。

 生活に溶けこむようシンプルなデザインを目指しているCambridge Audioの小型スピーカー「Minx」シリーズ

 また、サブウーファーはDSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)のチューニングを見直して低音再生能力を向上させ、消費電力を抑えながらもパワフルな超低音の再生を可能にしたという。

 全機種とも価格はオープンで、ホワイトとブラックのカラーバリエーションをそろえる。製品名と予想実売価格は以下のとおり。

種類 製品名 サイズ(幅×奥行き×高さミリ) 重量(グラム) 予想実売価格(税別) セット内容
スピーカー Min 12 WHT/BLK 78×85×78 430 1万4000円前後
Min 22 WHT/BLK 78×85×154 850 2万2000円前後
サブウーファー X201 WHT/BLK 210×222×219 5000 6万0000円前後
X301 WHT/BLK 266×278×311 7500 8万0000円前後
システムセット Minx 212-2.1 Stereo WHT/BLK 8万4000円前後 Min 12×2、X201×1
Minx 215-5.1 WHT/BLK 12万5000円前後 Min 12×5、X201×1
Minx 225-5.1 WHT/BLK 16万4000円前後 Min 22×5、X201×1
Minx 325-5.1 WHT/BLK 18万3000円前後 Min 22×5、X301×1

 Min 12とMin 22のインピーダンスと感度、周波数特性、アンプ出力は同じで、それぞれ8オーム、86デシベル、150Hz〜20kHz、25〜200ワット。

 X201は最大出力と周波数特性が200ワット、36Hz〜200Hz。X301では300ワット、31Hz〜200Hz。ユニット構成はX201が6.5インチサブウーファー×1と6.5インチパッシブラジエーター×2、X301が8インチサブウーファーとパッシブラジエーターがそれぞれ1つとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.