ニュース
» 2015年10月25日 15時43分 UPDATE

秋のヘッドフォン祭2015:帰ってきたオリジナルクローズドヘッドフォン「かをる★Ver.2」

春のヘッドフォン祭でミニライブを行い、そのつながりでオリジナルヘッドフォンを販売して話題になった「かをる★」さん。実は、今回もオリジナルヘッドフォンの新バージョンが販売されていた。

[ITmedia]

 5月の「春のヘッドフォン祭2015」会場でミニライブを行い、そのつながりでオリジナルヘッドフォンを販売して話題になった「かをる★」さん。実は、今回の「秋のヘッドフォン祭2015」でもオリジナルヘッドフォンの新バージョンが販売されていた。

ts_kaworu04.jpg ティアックブースに展示されていたのは、春のヘッドフォン祭で販売されたバージョン

 今回のオリジナルモデルは、「かをる★」さんのニューシングル「クローズドヘッドフォン」が、「e-onkyo music」のハイレゾ配信でシングル部門1位に輝いたことを記念したもの。フジヤエービックによると、名付けて「かをる★Ver.2」というらしい。

 ベースモデルは前回同様、独beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)の「CUSTOM ONE PRO PLUS」。“セルフカスタマイズヘッドフォン”をうたっているように、ハウジングのプレートカバーやヘッドバンド、イヤーパッドを自由に変更できる。もちろん密閉型(クローズドヘッドフォン)だ。

 ベイヤーダイナミック製品を取り扱うティアックでは、オプションとしてカラフルなカバーやヘッドバンドを販売しており、「かをる★オリジナルヘッドフォン」はどちらも、それを利用してカスタマイズしたもの。つまり普段販売されている本体とオプションを購入しても「かをる★Ver.2」(に近いもの)を製作することは可能なのだが、「かをる★Ver.2」は左右ハウジングの色が異なるため、左右が1セットになっているパーツを2組買うことになって出費がかさむ。必要な本体とパーツをセットで販売している「かをるVer.2」を購入するのが早道というわけだ(パーツのみの販売はしていない)。販売価格はオリジナルモデルと同じ。

ts_kaworu01.jpgts_kaworu02.jpg 左右のプレートカバーは色が異なるので、必要な色のパーツ(左右1組)を個別に購入すると出費がかさむ

 なお、プレートカバーとして装着する「専用カスタマイズシート」は、ヘッドフォン祭期間中にティアックブースあるいはフジヤエービックPart2店舗に行くと無料でもらえる(先着300名)。欲しい人は会場へ急ごう。

ts_kaworu03.jpg ティアックブースとフジヤエービックPart2で無料配布している「専用カスタマイズシート」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.