ニュース
» 2016年02月23日 20時56分 UPDATE

ざぶとん1枚:日テレ、初の8K収録番組は「笑点」

日本テレビ放送網は、同社初の8K番組として「笑点」を収録したと発表した。3月に開催される放送業界関係者向けの放送技術展示会「デジテク2016」で上映する。

[ITmedia]

 日本テレビ放送網は、同社初の8K番組として「笑点」を収録したと発表した。3月に開催される放送業界関係者向けの放送技術展示会「デジテク2016」で上映する。

ts_shoten01.jpg

 1966年に放送を開始した「笑点」は、今年5月に50周年を迎える最長寿の演芸番組。また新しい放送技術を積極的に取り込むことでも知られており、カラーテレビの普及率が1%に満たない時代の第1回放送からカラー放送を行った。その後もステレオ放送やデジタルVTR規格「D2」での収録など、常に早い段階で新技術に取り組み、2014年には「笑点特別版」として歌丸師匠の落語を4K収録している。

 8Kは、現行フルハイビジョンの16倍という高精細な次世代フォーマット。1月に東京・後楽園ホールで収録した8Kの「笑点」は、普段と同じ演芸コーナーと大喜利が行われたが、大喜利のお題は8Kにちなんだものになっている。「内容も含め、8Kスペシャル版になっている」(同社)。

 試写会が行われる「デジテク2016」は、3月8日と9日の両日、日本テレビタワー2階の「日テレホール」で開催予定。同社が取り組む放送技術や新サービスが多く展示される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)