ニュース
» 2016年04月15日 14時23分 UPDATE

エサで誘って魚目線の水中撮影! 水槽で遊べる「サブマリナーカメラ」

シー・シー・ピーは、赤外線コントロール潜水艦「サブマリナーカメラ」を4月28日に発売する。水槽や家庭用プールで手軽に水中撮影が楽しめる。

[ITmedia]

 シー・シー・ピーは4月15日、赤外線コントロール潜水艦「サブマリナーカメラ」を発表した。本体前面にカメラを搭載し、水槽や家庭用プールで手軽に水中撮影を楽しめる。価格は9980円(税別)で、4月28日に発売予定だ。

ts_subcame01.jpg 「サブマリナーカメラ」
ts_subcame04.jpg

 コントローラーで潜行、浮上、前進/後進、左右回転の操作が可能。赤外線コントロールのため、操作距離は約2メートルに限られるものの、2つのスクリューを使ってその場で方向転換が行えるほか、潜行や浮上についても専用レバーで細かく調整できるという。またカメラの両脇にはヘッドライトを搭載していたり、付属の「エサ入れアーム」にエサを入れ、魚を呼び寄せて撮影するといった便利な仕掛けも用意している。

ts_subcame02.jpg 前方に下から出ているのが「エサ入れアーム」。魚と同じ目線で撮影できる

 256MBの内蔵メモリに動画なら約5分間(640×480ピクセル、30fpsのAVIファイル)、静止画なら約800枚(1280×980ピクセル、JPEG)を保存可能。付属のUSBケーブルでPCに転送すれば再生できる。

ts_subcame03.jpg 撮影画像

 本体サイズは78(幅)×112(奥行き)×65(高さ)mm。重量は約90g。水槽のほかに浴槽(水温50°C以下)、家庭用プールなどでも遊べる。対象年齢は10歳以上。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう