ニュース
» 2016年05月13日 17時53分 UPDATE

パナソニック、付属の充電池を変更したスティック型ICレコーダー「RR-XP008」

パナソニックは、スティック型ICレコーダーの新製品「RR-XP008」を発表した。従来機「RR-XP007」の機能を継承しつつ、付属の充電池を変更したリニューアルモデルとなる。

[ITmedia]

 パナソニックは5月13日、ICレコーダーの新製品「RR-XP008」を発表した。ブラック、ホワイト、バイオレット、ピンクの4色を7月8日に発売する。価格はオープン。店頭では1万2000円前後になる見込みだ。

RR-XP008」

 従来機「RR-XP007」の仕様を継承しつつ、付属品を変更したリニューアルモデル。新たに、レコーダー本体に入れたままUSB充電が行える単四形ニッケル水素充電池を同梱(どうこん)した。そのほかの仕様は従来機と同じだ。

 4GBのメモリを内蔵し、リニアPCM(44.1kHz、ステレオ)やMP3(8k〜192kbpsの4モード)で録音が可能だ。再生機能では、雑音を抑える「ノイズキャンセル再生」のほか、英会話などの語学学習に役立つ「かんたんシャドーイング再生」にも対応する。シャドーイングとは、音声を聞きながら、聞こえた音をほぼ同時に繰り返し発声する学習方法で、トレーニングしたい区間をインデックス機能により設定し、再生音(お手本)とほぼ同時に発声してトレーニングを行う。

「シャドーイング再生」の概要(出典:パナソニック)

 本体サイズは約16(幅)×126.5(高さ)×19.8(奥行き)mm(クリップ含む)。重量は充電池込みで約33g。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう