ニュース
» 2016年05月16日 17時22分 UPDATE

光城精工から88台限定の復刻版ポタアン「KM01-BRASS.Re」が発売

光城精工は、ポータブルヘッドフォンアンプ「KM01-BRASS.Re」を5月27日に発売する。価格は6万6200円(税別)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 光城精工は5月16日、2013年発売のポータブルヘッドフォンアンプ「KM01-BRASS」を復刻した「KM01-BRASS.Re」を88台限定で販売すると発表した。価格は6万6200円(税別)。5月14日から予約を開始する。

ポータブルヘッドフォンアンプ「KM01-BRASS.Re」

 真ちゅうの塊から削り出して作られた重量級ボディーが特徴のアナログヘッドフォンアンプ。電源スイッチ兼用のボリュームツマミはアンティークカメラを思わせるローレット加工を施した専用品で、高い質感と操作性を実現したという。

直径16mmのボリュームツマミ

 電源部は電解コンデンサーをデュアルドライブ。「中低域の音像を明瞭(めいりょう)に表現し、電池駆動の弱点である中低域の駆動能力を向上させた」(同社)という。

 周波数特性は10Hz〜10万Hz、定格出力が20mW+20mW(32Ω負荷)、推奨負荷インピーダンスが16〜300Ω。バッテリーは、単四形乾電池×1で、連続駆動時間は最大約14時間。

 突起物を除く本体サイズは57(幅)×83(奥行き)×19(高さ)mm、重量は約325g。オリジナルシールドケーブル「KS-M4」が付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう