ニュース
» 2016年05月20日 20時25分 UPDATE

アユート、JH Audioのユニバーサルモデル「ROSIE」を発売

アユートは、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーション製品としてカナル型イヤフォン「ROSIE」(ロージー)を発表した。5月27日から同社直販サイトや家電量販店で販売する。

[ITmedia]

 アユートは5月20日、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーション製品となるカナル型イヤフォン「ROSIE」(ロージー)を発表した。5月27日から同社直販サイトや家電量販店で販売する。直販価格は13万9980円(税込)。

「ROSIE」(ロージー)

 低域、中域、高域に各2基のカスタム・バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した3Way6ドライバーモデル。ステンレス製のチューブ型ウェーブガイドを使用する「freqphaseテクノロジー」で各帯域の位相を調節しているほか、ケーブルにはユーザー自身が低域(10〜100Hz)を調節できる「Variable BASS」を搭載。Rosieの調節範囲は0〜+15dBで、最も下げた状態では周波数特性が完全にフラットになるように設計されているという。ハウジングはアルミ製で、カーボン製のフェイスプレートを組み合わせた。

 ケーブルは米MOON AUDIO製。3.5mmの3極プラグケーブルに加え、AKシリーズのバランス出力に合わせた2.5mmの4極ケーブルが付属する。

オレンジ色のアルミ製キャリングケースなどが付属する

 周波数特性は10〜2万3000Hz、感度は117dB/mW。インピーダンスは17Ω。本体に合わせたオレンジ色のアルミ製キャリングケース、ラバーとフォームのイヤーチップ各サイズ(S/M/L)、低域調整用のスクリュードライバー、イヤフォンクリーナーブラシなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう