ニュース
» 2016年08月04日 10時00分 UPDATE

180度の全天周撮影に対応した「Outdoor Recorder EX-FR200」が登場

カシオ計算機から、フリースタイルでの撮影が可能な「Outdoor Recorder」の、180度全天周撮影対応モデル「EX-FR200」が登場。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機が8月4日、本体とカメラが分離し、アウトドアでシャッターチャンスを意識せずさまざまな楽しい写真を撮ったり、映像を記録したりできるOutdoor Recorder(アウトドアレコーダー)の新モデルとして、「EX-FR200」を発表した。EX-FR100との最大の違いは撮影可能な画角で、EX-FR200では180度の全天周の記録ができる。9月中旬の発売予定で、価格はオープンプライス。実売予想価格は6万5000円前後(税込)だ。また、コントローラー部がない、カメラ部だけのモデル「EX-FR200CA」(5万円前後)、「EX-FR100CA」(3万5000円前後)も発売する。ボディーカラーはブラック。

Outdoor Recorder EX-FR200 180度の全天周が撮影できる「Outdoor Recorder EX-FR200」
amazon
Outdoor Recorder EX-FR200 コントローラー部は「Outdoor Recorder EX-FR100」と共通

 EX-FR200は、カメラ部に1195万の有効画素数を持つ1/2.3型CMOSセンサーと、35mm判換算で13.4mm相当の円周魚眼レンズを搭載したモデル。コントローラー部はEX-FR100と共通だが、円周魚眼レンズを採用したことで、1回のシャッターで周囲180度の空間が撮影できるようになったのがポイント。リコーの「THETA」のような、360度が撮影できる全天球ではなく、その半分の全天周をカバーするのがミソだ。例えば地面にレンズを上向きに置くと、周囲の景色がすべて撮影でき、自撮り棒などに付けてレンズを下向きに撮影すると、自分を中心に周りの景色が撮れる。

 全天周の写真や映像だけでなく、水平360度のパノラマ写真や、対角208度の超広角撮影なども可能。シーンに合わせてモードが変えられる。また、専用のスマホアプリ「EXILIM ALBUM」を使えば、撮影した全天周映像から、静止画なら3カ所、動画なら2カ所を切り出して、ゆがみを補正し複数の視点から同時に見たような写真や映像も取り出せる。

 分離式のカメラ部とコントローラー部は、どちらも1.3mからの落下に耐える耐衝撃構造を採用しており、IP68相当の防水・防塵性能を持つ。コントローラー部はEX-FR100と共通だ。

Outdoor Recorder EX-FR200 カメラ部は単体でも販売される。EX-FR100のカメラ単体も販売されるので、画角の異なるカメラを組み合わせて映像や写真を楽しむことも可能
amazon

 また、EX-FR200は2台のカメラ部を同時に制御可能になっており、カメラ部を2つ組み合わせると、360度の撮影も可能になる。自分の体の前と後ろにカメラを着ければ、360度撮影しても自分が写らない写真や映像が撮れる。EX-FR100のカメラ部とEX-FR200を組み合わせることも可能で、この場合は画角の違いを生かして引きの映像と寄りの映像を一緒に撮影するといった活用もできる。

 EX-FR100と同様、Android Wear採用のスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」とも連携でき、切り替え操作は必要になるものの、2台のカメラを制御しつつ撮影できる。アタッチメント類はEX-FR100と共通。マルチアングルクリップ(EAM-2)やマルチアングルスティック(EAM-4)などはそのままEX-FR200で利用できるほか、新たにカメラ部2台を前後にセッティングできるマルチカメラマウンター(EAM-8)も10月下旬に発売予定だ。

Outdoor Recorder EX-FR200 2台分のカメラ部を前後にセッティングできるマルチカメラマウンターも10月に発売予定。全天球写真・全天球映像が撮れる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう