レビュー
» 2016年12月01日 14時09分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:USBポート付きで調光&調色も可能――ユーフィの「Lumos E1デスクライト」はベッドサイドに最適 (1/2)

今回紹介するのは、ANKER(アンカー)の「eufy Lumos E1デスクライト」。USB充電ポートを2つ備えたLEDライトで、調光機能だけでなく調色機能もある。定評あるANKERのUSB充電器とLEDライトを合体させたような魅力的な製品だ。

[橘十徳,ITmedia]

 ANKERの家電ブランド「eufy」(ユーフィ)から第1弾製品として発表された「Lumos E1デスクライト」。この製品は調光機能だけでなく、調色機能も付いているということで、発表されたときから個人的に注目していた。電球色のような光にも変えられるため、寝る前の読書に使うライトに最適だと思ったのだ。

「eufy Lumos E1デスクライト」
amazon

 しかもこのライト、光の揺らぎやまぶしさを防ぐ仕掛けも搭載しているのに加えて、スタンド部にはUSB充電ポートが2つも付いている。筆者の場合、寝る前に電子書籍を読むためにベッドサイドには「kindle Fire」が置いてあるのだが、これを充電するのにも都合がいい。商品名は「デスクライト」だが、枕元に置くのに都合のいい機能ばかり付いている。

 Amazon.co.jpでチェックしてみたところ、価格は税込5980円。ちなみにANKERはこれとは別に「eufy Lumos A4 LEDデスクライト」も販売しており、こちらは3480円と安価だがUSB充電ポートがない。枕元にはスマートフォンやスマートウォッチなど、なにかとUSB充電が必要となることが多いので、USB充電ポートはできれば付けておきたい。というわけで、さっそくE1のほうをポチってみた。

大小2つのタッチスイッチを搭載

 ANKERらしいシンプルですっきりとしたデザインのパッケージを開けると、中にはコンパクトにデスクライトが折りたたまれて入っていた。

届いたパッケージ

 この製品はタッチスイッチを採用しており、円形のスイッチが大小2つ付いている。背面にはACアダプターを接続する電源ポートと、それを挟むようにUSBポートが2つ付いている。ACアダプターは本体と同じく白い色で、サイズは少し大きめだ。

2つのタッチスイッチを搭載
付属のACアダプター

 LEDの発光部には、ライトの揺らぎやまぶしさを防ぐためのディフューザーと導光板を搭載しており、LEDの発光部は見えない。ライトをつけてみても、突き刺すような光ではなく、柔らかい光なので、これならうたい文句通り、目の疲れも少なさそうだ。

アームの可動部
ディフューザーと導光板を採用した発光部

 本体はホワイトだが、アームの部分はシルバーで、可動範囲もなかなか広い。動きもスムーズだが、下部のアームを前に倒していくと、けっこう早い段階で自然に倒れてしまうので、もう少し持ちこたえてくれたらいいのに、とは思った。

シンプルですっきりとしたデザイン
amazon
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう