ニュース
» 2017年04月02日 06時00分 UPDATE

パナソニック、ワイヤレスサブウーファー付属のサウンドバー「SC-HTB488」

[ITmedia]

 パナソニックは、サウンドバーシステムの新製品「SC-HTB488」を6月16日に発売する。価格はオープン。店頭では3万2000円前後(税別)になる見込みだ。

「SC-HTB488」

 同社の薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)とのデザインマッチングを考慮した2.1chシステム。入力端子はARC対応のHDMIと光デジタルで、Bluetoothも内蔵している。

 サブウーファーはボックスの側面に木材を加えて強度を改善したほか、波形コーンの160mm径ユニットに変更して引き締まった低音を実現した。またサウンドバー側はバスレフポート形状の変更やスピーカーの振動板に銅素材を貼付するといった改善を加え、中高域をクリアにしたという。

 サウンドバーのサイズは、850(幅)×60(高さ)×90(奥行き)mm、サブウーファーは184(幅)×290(高さ)×325(奥行き)mm。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう