レビュー
» 2017年05月31日 18時57分 UPDATE

デジカメではない、デジタルな“チェキ”である! 富士フイルム「instax SQUARE SQ10」で遊んでみた (1/3)

[荻窪圭,ITmedia]

 富士フイルム「instax SQUARE SQ10」で遊んでみた。

 要するに、スクエアフォーマットのインスタントフィルムを使う“デジタルチェキ”である。デジカメというより“デジタルチェキ”。

 一応、microSDカードに画像の保存はするけど、本質的には「インスタントカメラ」だと思おう。

SQ10はプリント機能付きデジカメではなく、デジタルで撮るチェキである
amazon

 実は、富士フイルムがデジカメとインスタントカメラを合体させたのはこれが初めてじゃない。

 1999年の「FinePix PR21」、通称「Princam」というインスタントフィルムを内包してその場でプリントできるカメラを出したのである。

左が2017年のSQ10 。右が1999年のFinePix PR21 Princam

 一見、大きさはあまり変わらないが、今回のSQ10の方が薄くて軽くてデザインもポップ。価格もSQ10の方がずっと安い。

 でも本質的な違いは、1999年はFinePixだった……つまりデジカメにインスタントフィルムプリント機能がついた製品だったのに対し、今回のSQ10はinstax……つまりチェキと同じインスタントカメラの1つなのである。

 あとから気に入ったものだけをプリントできる、同じ写真を何枚もプリントできる、エフェクトをかけたり明るさを補正したプリントできる、というためにデジタル化した製品なのだ。

 画像を記録できるのは副産物のようなものなのである。そう考えるとすごく分かりやすい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう