ニュース
» 2017年07月07日 19時53分 UPDATE

2017年上半期、もっとも聞かれたハイレゾ音源は? e-onkyo musicがランキングを発表

[ITmedia]

 e-onkyo musicは7月7日、2017年上半期のハイレゾ音源販売ランキングを発表した。ジャンルを問わない総合ランキングでは、アルバムをジャズやクラシックが占めたのに対し、シングル部門はアニソンが席巻した。

アルバムランキング/総合

順位 タイトル/アーティスト
1位 HD Jazz Volume 1/Various Artists
2位 Bill Evans: Live at Art d'Lugoff's Top of the Gate/Bill Evans、Eddie Gomez、Marty Morell
3位 ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster version)/Various Artists

シングルランキング/総合

順位 タイトル/アーティスト
1位 Tulip (M@STER VERSION)/速水奏(CV:飯田友子)、塩見周子(CV:ルゥティン)、城ヶ崎美嘉(CV:佳村はるか)、宮本フレデリカ(CV:?野麻美)、一ノ瀬志希(CV:藍原ことみ)
2位 生存本能ヴァルキュリア (M@STER VERSION)/新田美波(CV:洲崎綾)、鷺沢文香(CV:M・A・O)、橘ありす(CV:佐藤亜美菜)、高森藍子(CV:金子有希)、相葉夕美(CV:木村珠莉)
3位 Yes! Party Time!! (M@STER VERSION)/島村卯月(CV:大橋彩香)、渋谷凛(CV:福原綾香)、本田未央(CV:原紗友里)、赤城みりあ(CV:黒沢ともよ)、安部菜々(CV:三宅麻理恵)

 このほか、ジャンルごとのアルバム/シングルランキングも発表した。詳細は同社サイトで見ることができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう