ニュース
» 2017年10月16日 14時43分 公開

キヤノン、APS-C判で光学3倍ズームのコンパクトデジカメ「PowerShot G1 X Mark III」

キヤノンが、APS-Cサイズのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 キヤノンは10月16日、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。発売時期は11月下旬、価格はオープン。

「PowerShot G1 X Mark III」

 APS-Cサイズのセンサーを搭載したのは、キヤノンのコンパクトデジタルカメラでは初めて。1.5型センサーを搭載した前モデルの「PowerShot G1 X Mark II」から、さらにセンサーサイズをスペックアップした。画像処理エンジンには「DIGIC 7」を搭載することで、ノイズ耐性とともに、光学式手ブレ補正ユニットと合わせて4.0段分の補正効果を実現したという。

APS-Cサイズのセンサー

 有効画素数は約2420万画素。ズームレンズの焦点距離は、35mm判換算で24mm〜72mmの光学3倍ズームとなる。F値は2.8〜5.6。広角端での最短撮影距離は10cm。望遠端でも50cmまで寄って撮ることができる。ISO感度は100〜2万5600。14bit RAWでの記録に対応する。

 同社のデジタル一眼レフやミラーレスに搭載されている、各画素が撮像と位相差AFを兼ね備える「デュアルピクセルCMOS AF」をコンパクトデジタルカメラとして初めて採用した。連写性能はAF固定時で約9コマ/秒、AF追従では約7コマ/秒となる。

 動画は最大でフルHD(1920×1080)60fpsとなり、4K動画には対応しない。

 重量(バッテリーとメモリーカード含む)は約399gと、前モデルの約553gから約154g軽くなった。サイズも小型化し、約115(幅)×約77.9(高さ)×51.4(奥行き)mmとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう