ニュース
» 2017年11月17日 22時56分 公開

「フレッツ・テレビ」がBS右旋の4K実用放送に対応 18年12月から 左旋対応も検討中

2018年12月から実用放送が始まる4K/8K放送のうち「BS右旋4K放送」に対応すると発表した。「BS/110度CS左旋4K/8K放送」への対応については検討中。

[ITmedia]

 スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本の3社は11月16日、2018年12月の開始が予定されている4K/8K実用放送のうち「BS右旋4K放送」に「フレッツ・テレビ」が対応すると発表した。一方で「BS/110度CS左旋4K/8K放送」への対応については検討中。詳細が決まり次第改めて発表する。

photo サービスイメージ

 フレッツ・テレビは、FTTH(光回線)を使って放送波をパススルーすることで、アンテナがなくても放送波を受信できるというサービス。フレッツ・テレビを導入している過程では、4K/8K実用放送の開始に合わせて発売される見込みの対応チューナーあるいは対応チューナー内蔵4Kテレビがあれば視聴できる。

 BS右旋4K実用放送では、ビーエス朝日、BSジャパン、NHK、BS-TBS、ビーエスフジが参入する予定。また19年12月にはBS日本も放送を開始する。

photo 視聴可能なチャンネル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう