ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年03月08日 17時44分 公開

「タニタカフェ」有楽町に5月下旬オープン 有機野菜使ったメニュー 歩数に応じてポイントたまる取り組みも

タニタは5月下旬、東京・有楽町に「タニタカフェ」を出店する。

[太田智美,ITmedia]

 タニタは3月8日、「こころの健康づくり」をコンセプトにした「タニタカフェ」を展開すると発表した。旗艦店となる都内1号店を、5月下旬に東京・有楽町でオープンする。20〜30代女性をメインターゲットに据え、産地直送の旬の有機野菜を使ったサラダなどのオリジナルメニューを用意する。


タニタカフェ

 提供するメニューのカロリーや塩分などは「タニタ食堂」の基準にとらわれることなく、「おいしさ」や「楽しさ」に重点を置くことで“心の健康”にフォーカス。メニューは楽天が展開する農業事業「Rakuten Ragri」(以下、Ragri)と提携して共同開発。無農薬や無化学肥料の農法にこだわった有機野菜を豊富に使った「有機野菜ともち麦のサラダボウル」(約900〜1200円を想定)や「有機野菜と和だしの米麺(フォー)」を提供する。

 ドリンクメニューは、ダイエットやアンチエイジングに効果があるとされるクロロゲン酸を通常の約2倍含むコーヒー「タニタコーヒー プレミアムブレンド」や、食感が楽しいかむスムージー「カムージー」(約500〜700円を想定)などを展開。店内は木目調などのナチュラルなデザインを採用し、落ち着いた照明やヒーリング効果のある音楽、アロマなどによって交感神経に働きかけリラックスを促すという。


タニタカフェ 野菜を楽しくおいしく食べられる「有機野菜ともち麦のサラダボウル」

タニタカフェ 食感にこだわった「噛む」スムージー「カムージー」

 新たな取り組みとしては、タニタの活動量計を店舗で販売(約2000円を想定)し、歩数と来店ポイントに応じてオリジナル健康グッズなどがもらえる制度を導入。詳細はこれから詰めていくとしているが、有楽町店オープンと同時にスタートするという。


タニタカフェ

タニタカフェ タニタの活動量計

 有楽町店オープンに先駆け、テイクアウト専門の「タニタカフェ」(3月23日〜5月中旬まで)を新宿に出店予定。今後は店舗展開に加え、家庭用商品の開発、オフィスサービスの提供など、多くのチャネルを通して幅広い層に向けた展開を検討している。

 2018年中にオフィスへのコーヒーサービスの本格展開を実施し、20年中にスタンド店を展開。22年中にはフランチャイズ店やメニュー提供店合計100店舗の展開を目指す。


タニタカフェ 「タニタカフェ有楽町店」の完成予想図(イメージ)

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.