ニュース
» 2004年03月16日 15時31分 UPDATE

“Blu-ray”にも対応する新エンジン――「Drag'n Drop CD+DVD4」

イージーシステムズジャパンとデジオンが、CD/DVDライティングソフトウェア「Drag'n Drop CD+DVD4 Power Edition」を発表。Blu-ray Discなど次世代光ディスク規格にも柔軟に対応する新ライティングエンジン「PzMDK」を採用し、評判の「使いやすさ/楽しさ/高機能」に磨きをかけた。

[西坂真人,ITmedia]

 イージーシステムズジャパンとデジオンは3月16日、CD/DVDライティングソフトウェア「Drag'n Drop CD+DVD4 Power Edition」を発表した。4月23日から発売する。パッケージ版の価格は9800円(アップグレード版/ダウンロード版各5800円)。

mn_jpg CD/DVDライティングソフトウェア「Drag'n Drop CD+DVD4 Power Edition」

 Drag'n Drop CD+DVD4 Power Edition(以下DDCD4)は、ドラッグ&ドロップの簡単操作でDVD/CDに書き込めるDVDライティングソフトの新製品。すべてを新しいコードで書き上げた第4世代のライティングエンジン「PzMDK」を新たに採用した。

 設計当初からDVDを視野に入れて書き上げられたPzMDKは、新規のコードとしては最初のマスタリングエンジンとなり、大容量メディア/高速性/大量ファイル数/DVD Videoなどに対応。将来予想されるDVDディスクの大容量化やCD/DVDドライブの高速化、次世代光ディスク規格(Blu-ray DiscやDual Layer)などにも即座に対応できるという。

mn_jpg 発表会では、Blu-ray Disc試作機を使ってDDCD4で書き込むデモンストレーションが行われた

 「PzMDKは、プラットフォーム別にPAL(Platform Abstraction Layer)を記述することによって、エンジンがOSに依存しない。コアエンジンを書き直すことなく、複数のプラットフォームで互換性を持たせることを実現した。すでにWin32とLinuxに対応済み」(同社)

photo

 新機能としては、従来独立していた4つのBOX(Data BOX、Music BOX、Backup BOX、Video BOX)を1つのBOXに統合して省スペース化した「All in One BOX」を搭載。また、画像を任意のサイズにして“写真立て”のように貼り付けられる「Picture in BOX」機能を新たに追加した。「基本コンセプトは“調和”。使いやすさ/楽しさ/高機能のハーモニーを追求した」(同社)

photo 省スペース化した「All in One BOX」。BOXには任意サイズの画像を貼り付けられる

 また、CD/DVDドライブの速度情報やトラック情報などを詳細表示する「ドライブ情報機能」や、書き込み中の進行状況を分かりやすく表示する「書き込み進行ダイアログ」を装備した。

photo

 対応OSはWindows 98SE/Me/2000/XP。パッケージ版のほか、イージーシステムズジャパンのオンラインショップで、機能別に3種類から選べるオンライン限定「ezSHOP版」を発売する。4BOX+MP3/mp3 PROエンコード機能の「4BOX+MP3」が5500円、Data/Music/Backup/Videoの「4BOX」が3980円、Data/Music/Backupの「3BOX」が2480円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -