トップ10
» 2004年05月31日 21時31分 UPDATE

News Weekly Access Top10(2004年5月23日−5月29日)“アニメ声”と音声認識エンジンが作る夢の世界

アニメキャラのようなしゃべり方も簡単に再現できるという富士通の技術。“あんな”しゃべり方もきっと再現してくれるはず……

[岡田有花,ITmedia]

 アニメキャラクターのような特徴的なしゃべり方も再現できるという音声合成技術の記事が上位に入った先週。この技術と、感情を読み取る音声認識エンジン(関連記事参照)を組み合わせれば、夢の世界を作れそうだ。

 音声合成でまず、自分好みの声を作成する。声の高低や話すリズム、イントネーションも細かくチューニング可能なこの技術。自分だけの“萌えボイス”作成にうってつけだ。例えば、及川光博氏のようなハスキーボイスと、「ベイベー」「ハニー」「愛してる」を連発する特徴的なしゃべり方も合成可能に違いない。

 ミッチーボイスを合成したら、感情を読み取る音声認識エンジンの出番。認識エンジンの応答音声としてミッチーボイスを登録するのだ。これで、記者の声から感情を読み取った認識エンジンが、ミッチーボイスで適切な答えを返してくれるというわけだ。

 例えば、こんな会話ができてしまうんだろう。

記者:ただいま

ミッチーボイス:お帰り、ユカベイベー

記者:あー、疲れた

ミッチーボイス:元気ないね、マイハニー

記者:今日は本当、疲れちゃって

ミッチーボイス:がんばってよ、愛してるからさ

 ……やばい。萌え死ぬ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -