速報
» 2004年06月15日 10時06分 UPDATE

TI、200Mbpsの新DSL規格「UDSL」を提案

米Texas Instrumentsは現行のインフラとの互換性を備えた、新しい高速DSL規格を発表。1.22〜1.83キロという基地局から比較的遠い距離でも利用可能で、距離が短ければ、200Mbpsのスループットを出すことができる。

[ITmedia]

 米Texas Instruments(TI)は6月14日、現行のインフラストラクチャとの互換性を備えた、新しい高速DSL規格「Uni-DSL」(UDSL)を発表した。同社によれば、既存のデータ・音声サービスに、HDTV送信サービスを追加することが可能だという。

 TIは、さまざまな標準化団体に、この新規格の採用を求めていく構え。UDSLではADSLやVDSLと同様、1基のラインカードで利用することが可能。4〜6キロフィート(1.22〜1.83キロメートル)という、基地局から比較的遠い距離でも利用可能で、距離が短ければ、200Mbpsのスループットを出すことができる。また、100Mbpsのアップストリーム/ダウンストリームにすることも、150Mbpsのアップストリーム、50Mbpsのダウンストリームにも設定可能だという。

 TIでは最初のUDSLソリューションを2005年から提供開始する予定。高速サービスをサポートしたコンシューマー向けのUDSLベース機器は2006年に登場する見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -