ニュース
» 2004年09月01日 19時47分 UPDATE

金子被告が会見「有罪なら日本にとって迷惑」

Winny開発者の金子勇被告が初公判終了後に会見し、「Winny開発は日本のためにやった」と改めて主張した。

[岡田有花,ITmedia]

 P2Pソフト「Winny」開発者で、著作権法違反ほう助の罪に問われている東京大大学院助手・金子勇被告(34)は9月1日、自身の初公判終了後に弁護団と会見を開き、「Winny開発は、自分のためというより日本全体のためにやった。有罪なら日本にとって迷惑になるだろう。無罪を確信している」と開発の正当性を改めて主張した。

yu_kaiken.jpg 時折笑顔も見せつつ記者の質問に答える金子被告

 Winny開発のどの点が国益なのかという記者の質問に対しては、「時間がたってみないと分からない」と言葉を濁した。また、現行の著作権法の問題点や、著作権法の将来あるべき姿について聞かれた際も、「先のことは分からない」と答えるにとどまった。

 また、会見で弁護団は、公訴自体が不当だと改めて主張。「世界的に注目を浴びている裁判にも関わらず、検察側が弁護側の釈明申し立てに誠実な対応をせず、Winny開発のどこが問題なのかすら明らかにしなかったのは怠慢」と、検察側の態度にも不満を示した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -