速報
» 2004年10月19日 17時17分 UPDATE

NEC、燃料電池一体型ノートPCを開発

ユニットをさらに小型化し、ノート一体型のデザインが可能になった。1.1GHz動作の超低電圧版Pentium M搭載で約10時間の動作が可能だ。

[ITmedia]

 NECとNECパーソナルプロダクツは10月19日、燃料電池ユニットを一体化したノートPCを開発したと発表した。超低電圧版Pentium M 713(1.1GHz)を搭載し、燃料カートリッジ1本使用時で約10時間の動作が可能だ。

sk_nec_01.jpg

 昨年9月に発表したノートPC用燃料電池(関連記事参照)を改良。新たに自立制御システムを組み込み、PCの起動・終了・負荷状況、燃料の液量・濃度などの状況に応じた最適制御が可能になった。

 燃料電池の出力密度を70ミリワット/平方センチに向上させたことで、発電素子を従来比約25%小型化できた。また独自の平面実装技術を導入した薄型発電ユニットを開発、同約20%薄型化。このためPC本体の底面に電池ユニットを配置し、PCと一体化したデザインが可能になった。

sk_nec_02.jpg

 開発中の試作品のため、商品化は未定。10月20−23日に開かれる「WPC EXPO 2004」(東京ビッグサイト)に参考出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -