速報
» 2004年11月10日 19時52分 UPDATE

NTT、2010年までに光3000万回線に 中期計画発表

NTTが中期計画を発表。2010年までに過半数を光ユーザーとし、その後メタル・固定電話から全面的に切り替える計画だ。

[ITmedia]

 NTTは11月10日、光ファイバー回線ユーザーを2010年までに3000万回線に増やすなどとした中期経営計画を発表した。ユーザーの過半数を光ネットワークに移行させ、その後現在のメタルネットワークや固定電話網から全面的に切り替える計画だ。

sk_ntt.jpg

 Bフレッツユーザーを対象とした光IP電話の提供(関連記事)を皮切りに、固定電話から光IP電話への移行を促す。このため、光波長多重化技術やノード構成技術など、キャリアグレードの技術の早期実用化を図っていく。

 光とメタル/固定とIP網の併存は負担が大きいため、2010年までに契約者の過半数が光に移行するよう普及拡大を進める。その後でメタル/固定電話から全面的に切り替える。切り替え時期は2010年までに明らかにする。

 ただ固定電話は緊急時などの必要性が残るため、ユニバーサルサービスの確保を含め、維持の仕組みについて行政当局などに検討を要請していく。

 目標の達成に向けて設備投資は減らさず、2010年までに累計5兆円を投じる計画。また同年までに、次世代ネットワーク効果で5000億円の売り上げ増、固定電話のオペレーション効率化で8000億円のコスト削減を目標に掲げる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -