ニュース
» 2005年01月05日 15時48分 UPDATE

2005 International CES:日立GST、世界最薄・最軽量の1.8インチHDD

日立GSTがHDD新製品を発表。厚さ5ミリの1.8インチ製品「Slim」と、さらに小型化したマイクロドライブ、3.5インチでは最大容量となる500Gバイト製品など。

[岡田有花,ITmedia]

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は1月5日、「2005 International Consumer Electronics Show」(CES)のプレイベント「CES Unveiled」会場で、家電向け小型HDDの新製品2製品を公開した。世界最薄・最軽量の1.8インチHDD「Slim」と、小型化したマイクロドライブ「Mikey」で、今年後半から出荷する計画。

yu_gst_01.jpg Slim(左)とMikey

 「Slim」はニックネームで、同社「Travelstar」シリーズの1.8インチ新製品。厚さ5ミリと従来比3割薄いのが特徴だ。高さは71ミリ、幅は54ミリ、重さは49グラム。1プラッタとなり、容量は30−40Gバイト。厚さ8ミリとなる2枚プラッタ(60−80Gバイト)製品もラインアップする。1枚プラッタ製品は今年後半から出荷する予定。

 「Mikey」もマイクロドライブ新製品のニックネーム。プラッタサイズは1インチで従来製品と同じだが、サイズは40(幅)×30(高さ)×5(厚さ)ミリ、重さは14グラムで、従来製品(42.8×36.4×5.0ミリ)よりも20%小型化。容量は8−10Gバイトとなる予定。

 CFスロットより小さくなるが、基本的には携帯機器への組み込み利用を想定。消費電力は従来比40%削減したほか、耐衝撃性も高めた。

 両製品とも、同社が米Intelなどと共同で策定中のインタフェース規格「CE-ATA」をサポートする予定。顧客の要望に応じて、他インタフェースにも対応するとしている。

 また3.5インチHDDとしては世界最大容量となる500Gバイト製品「Deskstar 7K500」(Serial ATA)とSerial ATA IIに対応した250Gバイト製品「Deskstar T7K250」も発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -