ニュース
» 2005年01月24日 20時51分 UPDATE

Transmeta、ソニーに半導体向け省電力技術をライセンス供与

米Transmetaは、電力管理とトランジスタのリーク電流を制御して半導体製品の消費電力を削減する技術「LongRun2」をソニーに供与した。

[ITmedia]

 米Transmetaは1月24日、低消費電力の半導体製品を開発できる技術「LongRun2」をソニーにライセンス供与したと発表した。

 LongRun2は、トランジスタのしきい電圧を動的に調整してリーク電流を制御する技術で、半導体チップ全体の消費電力、待機電力、バーンイン電力を削減できるという。一般的に、トランジスタのリーク電流は半導体製造プロセスが微細化するにつれて増大するため、ますますプロセス微細化が進む中、どうやって削減するかが問題となっている。

 LongRun2はこれまで、NECエレクトロニクスと富士通にライセンス供与されており、ソニーで3社目。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -