速報
» 2005年03月17日 09時40分 UPDATE

次期Operaブラウザ、SVGをネイティブサポート

Operaはデスクトップ向けブラウザのβ3を公開した。ブラウザとして初めてWebグラフィックス用XML言語SVGをサポートする。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは3月16日、デスクトップ向け次期Operaブラウザのβ3を公開した。ブラウザとして初めてSVG(SVG 1.1 Tiny)のネイティブサポートを組み込んでいる。

 SVGはW3Cが開発したWebグラフィックス用のXMLベース言語。ビットマップの代わりに高品質のベクターグラフィックスを使ってパーソナライズされた双方向のWebアプリケーションが作成できる。SVGをHTML、CSS、JavaScript、DOMといった既存のWeb標準と組み合わせることで、Operaは次世代のWebサイトに対応できる態勢を整えていると説明する。

 「SVGは将来的にWebデザインの主流になると当社は考えており、Operaブラウザでのネイティブサポート追加を非常にうれしく思う」と同社CTO。

 SVG 1.1 Tinyのネイティブサポートはデスクトップ向け次期Operaブラウザのコアコードに組み込まれ、近くほかのデバイス向けにも提供予定。β3は同社サイトから無償でダウンロード提供されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -