ニュース
» 2005年03月29日 14時15分 UPDATE

東芝、1分で充電できる新型電池

1分間で充電可能なバッテリーを東芝が開発した。リチウムイオン電池並みのエネルギー密度の高さを持ちながら、キャパシタ並みの急速充電が可能。

[斎藤健二,ITmedia]

 東芝は3月29日、1分間で充電可能な新型の充電式電池を開発したと発表した。リチウムイオン電池技術に、ナノテクノロジーを加えることで、急速充電を可能とした。

 負極材料に、リチウムイオンをスムーズに吸収でき、急速充電しても有機電解液を分解することのないナノ微粒子を新材料として採用した。この新材料は、ナノ微粒子を均一に固定する技術を開発したことで、初めて電極化ができたという。

 また充放電を1000回繰り返した後の容量低下も1%に押さえているという。電力・産業用途への応用に向けた製品開発を行い、2006年度中の製品化を目指す。

toshiba.jpg
試作した電池は、35×62×3.8ミリで容量は600ミリアンペア時(mAh)。大容量というところは、従来のリチウムイオン電池と変わらず、体積換算でキャパシタの数十倍のエネルギー密度を持っている。デモでは、5秒間の充電で、HDDプレーヤーを再生させてみせた


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -