速報
» 2005年04月19日 18時27分 UPDATE

Apple、Mac OS X v10.3.9のJava問題を解決する方法を公開

Appleは最新アップデートのv10.3.9で起きるJavaアプリケーションの問題を解決する方法を公開した。

[ITmedia]

 Apple Computerは、先頃公開されたMac OS X 10.3の最新アップデートであるv10.3.9にアップデートした後で、JavaアプリケーションおよびSafariでJavaを利用したサイトで起きる問題の存在を認め、対処方法を公開した。

 Javaアプリケーションが起動しないか異常終了し、Safariが異常終了する場合、この問題に遭遇している可能性がある。

 問題を特定するため、Appleではターミナルを使った発見方法を推奨しており、その問題が特定された場合には「Java 1.4.2 Update 2」および「Security Update 2005-002」を再インストールすることで問題を解決できるという。

 アプリケーションフォルダ内ユーティリティフォルダ内の「ターミナル」を起動し、「java -version」コマンドを入力。「Segmentation fault」と表示されればJavaに問題があるという意味なので、まず「Java 1.4.2 Update 2」がインストールされているかをソフトウェア・アップデートのアップデート履歴から確認。インストールされていなければ、Appleのダウンロードサイトから入手し、インストール。その後、同様にAppleサイトからダウンロードした「Security Update 2005-002」をインストールする、という手順。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -