速報
» 2005年04月27日 19時48分 UPDATE

NEC、携帯不振で営業益28%減

NECの前期決算は携帯電話端末事業と半導体事業の不振が響き営業減益に。

[ITmedia]

 NECが4月27日発表した2005年3月期連結決算は、営業利益が前期比28.2%減の1312億円になったと発表した。IT・ネットワークソリューション事業は改善したものの、携帯電話端末と半導体事業の不振が響いた。

 売上高は同1.1%減の4兆8551億円だが、PDP事業など、譲渡で連結対象から外れた分を含めると実質2%増だとしている。税引き前利益は同28.0%減の1157億円。純利益は、エルピーダメモリの上場益250億円などを計上したため、同65.2%増の679億円となった。

 ITソリューション事業の売上高は同2.2%増の2兆1444億円に改善した。SI事業が堅調な上、価格低下が激しいサーバも原価低減で黒字化した。一方、携帯端末事業は250億円の営業赤字を計上。端末販売が台数ベースで15%減った上、競争力強化に向けた戦略的コスト増も重かった。半導体事業は下期に調整局面に入り、中核のNECエレクトロニクスが減収減益となった(関連記事参照)

 今期連結業績予想は、売上高が3%増の5兆円。ただし増加分はアビームコンサルティングの連結化分などがほとんどで、既存事業はよこばいを見込む。営業利益は1500億円、税引き前利益は1300億円、当期純利益は600億円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -