速報
» 2005年05月25日 08時42分 UPDATE

無線USB規格が完成

IntelやMicrosoftなどの大手でつくる業界団体がワイヤレスUSB規格を完成し、認定取得に向かう。初のワイヤレスUSB製品は年内登場の見通し。

[ITmedia]

 IntelやMicrosoftなどの大手でつくるWireless USB Promoter Groupは5月24日、ワイヤレスUSB規格の完成を発表した。今後は認定取得に向けてUSB規格の管轄団体USB Implementers Forum(USB-IF)に送られ、互換性テスト、ロゴライセンス、マーケティングが行われる。

 ワイヤレスUSBは現在のUSBの無線バージョンとなる高速接続技術。WiMedia MAC Convergence Architectureを基盤として開発され、速度は3メートルで480Mbps、10メートルで110Mbpsと、有線のUSBに匹敵する。PCや家電、モバイル製品で利用でき、既存のUSBインフラとの後方互換性を備える。

 現在、この規格を使った製品開発が進められており、初のワイヤレスUSB製品は年内に登場する見通し。

 Wireless USB Promoter GroupはAgere Systems、Hewlett Packard、Intel、Microsoft、NEC、Philips Semiconductors、Samsungの7社で構成されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -