速報
» 2005年05月31日 13時34分 UPDATE

HDDレコーダーによるCMスキップで“損失”540億円

HDDレコーダーの普及で、テレビCMの価値が損なわれていく恐れがあるという試算を野村総合研究所が公表。ブロードバンドの普及が従来メディアへの接触時間を飲み込んでいる。

[ITmedia]

 HDDレコーダーによるテレビCMスキップで、約540億円の広告費損失が発生している──野村総合研究所(NRI)は5月31日、インターネットアンケートをもとに試算した結果をまとめた。ブロードバンドの普及につれてテレビとの接触時間や影響度は減り続けると見ている。

 4月22〜24日にかけ、3000人を対象にブロードバンドの普及状況やメディア利用時間の変化、HDDレコーダーの利用状況をネットアンケートで調べた。

 HDDレコーダーユーザーのうち、録画した番組を視聴する際にテレビCMをすべてスキップするユーザーは23.4%。過半数は80%以上のCMをスキップしていた。

sk_nri_01.jpg HDDレコーダーユーザーのCMスキップ率(野村総研のニュースリリースより)

 調査から、平均CMスキップ率は64.3%、録画した番組を視聴する割合「平均録画消費率」を34.2%とし、企業の年間テレビ広告費に当てはめると、2005年はテレビCM市場の約2.6%に当たる約540億円分の効果が失われる計算になるという。

 NRIの推計によると、HDDレコーダーの世帯普及率は2005年の15.2%から5年後には44.3%に拡大。テレビCMの価値が「さらに損なわれていく恐れがある」とした。

 また直近1年間で「PCインターネットの利用時間が増えた」とした回答が64%で最多となった。これに対しマスコミ4媒体(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)では、利用時間が「減った」人の割合が「増えた」人の2〜3倍に上った。携帯電話によるインターネットの利用時間は「増えた」が19%で意外に少なく、「減った」も14%いた。

sk_nri_02.jpg ここ1年でのメディア接触時間の増減(野村総研のニュースリリースより)

 PCによるインターネット利用がメディア利用時間の多くを取り込んでいる状況が浮き彫りになっており、NRIは「今後のブロードバンド普及とネット上の情報量の増加で、テレビとの接触時間や影響度は減少し続ける」と予想している。

 電通の調査によると2004年、国内広告市場でネット広告費が初めてラジオ広告費を上回った。NRIは「企業はテレビCMをはじめとするマスコミ広告価値を改めて考え直す必要がある」と提言し、ネット広告や携帯電話向け広告、ポイント付与サービスなど消費者の個人的志向にマッチした広告宣伝が2010年ごろまでに急成長する可能性が高いと見ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -