ニュース
» 2005年06月08日 13時54分 UPDATE

ニュースの言葉:音声版ブログ? 「ポッドキャスティング」

ネットラジオの新着音声をRSSで取り込み、iPodなどで持ち出して楽しむ「ポッドキャスティング」。対応ブログサービスを使えば、個人でも手軽にラジオ配信を試せる。

[岡田有花,ITmedia]

 【ポッドキャスティング(PodCasting)】 ネットラジオ放送局などがRSS配信する音声データを、専用ソフトでダウンロードし、iPodなど携帯音楽プレーヤーに転送して聞く楽しみ方。i“Pod”で擬似的に放送(ブロード“キャスティング”)を聴くため、「ポッドキャスティング」と呼ばれる。

ネットラジオをロケーションフリーに

 ネットラジオといえば、ストリーミングデータをPCで再生するもの――そんな常識をくつがえしたのがポッドキャスティングだ。MP3などに記録されたネットラジオ番組を携帯音楽プレーヤーに自動転送し、外に持ち出していつでも聞ける。携帯音楽プレーヤーの普及とともに、国内外でブームの兆しを見せている。

 米国で昨年末ごろから流行し始め、米国のMP3プレーヤー所有者のほぼ3割が体験済みとの調査も。欧米の大手メディアも参入しており、英BBCはニュースやトーク番組をポッドキャスティング配信中。米NBC Newsや米ABC Newsも対応番組を配信する予定だ。

sk_podcast.jpg

 国内でも昨年末ごろから対応サービスが始まった。「ケロログ」は、ユーザーが作った自家製ラジオ番組などを登録、配信できる。「Seesaaブログ」は、ブログテキストの読み上げ音声を配信可能。「ねとらじ」はラジオNIKKEIの番組などを配信している。

 ポッドキャスティング番組を楽しむには「iPodder」「PodCast野郎」など専用ソフトが必要。対応するネットラジオ局を選択しておけば、自動でデータをダウンロードし、PCに接続した音楽プレーヤーに転送してくれる。

 メールソフトやRSSリーダーも、ポッドキャスティングのRSS受信に対応し始めた。国内ではRSSリーダー「Mypop」が対応済み。「iTunes 4.9」「Thunderbird」の次期バージョンもポッドキャスティングに対応する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -