速報
» 2005年07月12日 08時34分 UPDATE

SiemensとAirbus、機内携帯電話サービスを共同開発

Siemensは機内携帯電話サービスの共同開発でAirbusと独占契約を結んだ。2006年に顧客向けの商用サービス開始を計画している。

[ITmedia]

 独Siemensは7月11日、Airbusと独占契約を結んでGSMを使った機内携帯電話サービスを共同開発すると発表した。SiemenがGSM技術を提供し、Airbusは既存の電気系統との統合を手掛ける。

 Siemensの小型GSM/GPRSベースステーションを航空機の天井パネル裏に取り付け、機内のどの席からでも携帯電話やPCで電波を受信できるようにする。このベースステーションはIPベースで、衛星技術を使って地上のGSMネットワークに接続する。

 GSMの導入によって、将来的に乗客が機内で自分の携帯電話を使って電話をかけたりインターネットが利用できるようになると同社は説明。2006年に顧客向けの商用サービス開始を計画している。

 新サービスはAirbusが航空会社向けに売り込みに当たり、メンテナンスも提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -