速報
» 2005年07月29日 16時14分 UPDATE

Windows Vistaは日本語フォント一新 最新JISを採用

「Windows Vista」では日本語フォント環境を一新。最新のJIS規格に対応し、これまで指摘されてきた字体の不整合に対応。さらに新フォント「メイリオ」を搭載し、可読性を高めるという。

[ITmedia]

 マイクロソフトは7月29日、次期Windows「Windows Vista」で日本語フォント環境を一新すると発表した。最新のJIS規格に対応するほか、新フォント「メイリオ」を搭載し、可読性を高めるという。

sk_vista_02.jpg 新フォント「メイリオ」

 常用漢字表にない「表外漢字」は標準の字体が定まっておらず、2000年12月の国語審議会(現在の文化庁文化審議会国語分科会)が答申した「表外漢字字体表」でようやく基準が示された。

 WindowsではJISが1990年に例示した字体を採用してきたが、「森鴎外」の「鴎」、「飴」などで一般の書籍などで使われてる字体と異なる事態が生じていた。

 2004年2月に発表された「JIS X 0213:2004」(JIS2004)では、「表外漢字字体表」が示した「印刷標準字体」を全面採用した。同年9月の戸籍法施行規則改正で使えるようになった人名漢字の標準字体はJIS2004から採用されており、JIS2004対応フォントなら新人名用漢字も表示できるようになる。

 マイクロソフトは、2006年後半に発売する予定のWindows Vistaで、JIS2004対応フォントを搭載することに決めた。現在のMSゴシック3書体(MSゴシック、MS Pゴシック、MS UI Gothic)とMS明朝2書体(MS明朝、MS P明朝)を、両フォントをデザインしたリコーと共同でJIS2004に対応させる。

 ただし、略字を採用済みの地名や名前など、固有名詞で混乱が起きる可能性も指摘されている。

photo 字体不整合の有名な例。国語審議会「表外字体表」より

 「メイリオ」はVistaが搭載予定の日本語ClearTypeフォント。Sans-Serif系(角ゴシック)で、本文用レギュラーと見出し用ボールドと2つのウェイトを持つ。特に液晶画面上の可読性を追求し、小さな文字サイズでも鮮明に読めるという。

 和文と欧文を違和感なく組むことができ、横組みをさらに読みやすくするために和欧間の比較サイズ、黒み、並び具合、字間などを調整しているという。

 メイリオのデザインは河野英一氏、マシュー・カーター氏、シーアンドジイ(東京都新宿区)が担当した。

 メイリオはWindows Vista専用。β1にはメイリオと、新JIS対応のMSゴシック3書体、MS明朝2書体が含まれる。新JIS対応のMSゴシックとMS明朝はWindows XP向けにもリリースする予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -