速報
» 2005年08月10日 08時20分 UPDATE

Microsoft、700万ドルで「スパム王」と和解

Microsoftは訴えていたスパム王ことスコット・リヒター氏と和解した。今後スパム規正法を遵守することを条件に、スパム業者リストから同氏の名が抹消されている。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月9日、通称「スパム王」を相手取って起こしていた訴訟で和解が成立したと発表した。Microsoftが和解金として700万ドルを受け取る内容。

 Microsoftはニューヨーク州検察と協力して2003年12月、スパム王ことスコット・リヒター氏と同氏が経営するOptInRealBig.comを相手取って民事訴訟を起こした。当時同氏は世界最悪級のスパム業者にランクされていた。

 和解条件としてリヒター氏側は700万ドルの支払いに同意したほか、今後は米国と州のスパム規正法を遵守し、望まない相手にスパムを送ることはしないと約束。今年7月にはスパム対策組織Spamhaus Projectが作成しているスパム業者リストから、同氏の名が抹消されている。

 Microsoftは和解金のうち500万ドルを、各国の政府や司法機関と共同で実施しているインターネット安全対策プロジェクトの拡充に宛て、技術研修や捜査支援、新ツール開発などを行う。さらに100万ドルをニューヨーク州のコミュニティープログラム用に提供する方針。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -