ニュース
» 2005年08月11日 21時21分 UPDATE

特報:「ヌーブラを買ったばかりに」、楽天被害女性の悲しみ

楽天市場に出店していた店舗「AMC」の顧客情報が流出した事件で、被害者の一人が口を開いた。

[垣内郁栄,@IT]

 「昨年夏、最も安かった楽天市場の店舗『AMC』でヌーブラを買いました。それ以来、AMCでは買っていなくて、買ったことも忘れていたのに……」。楽天市場の個人情報が流出した事件の被害者、尼寺麻里子(仮名)さんは「私の個人情報はどうなるのか」と不安を口にした。

尼寺さん(仮名) 個人情報が流出した尼寺麻里子(仮名)さん。「楽天市場は好きなんですが、不安が……」

 尼寺さんが楽天から電子メールを受け取ったのは7月23日午後11時30分。ただ、「回りくどい書き方で、最初は私が当事者とは思わなかったんです。捨てるところでした」。

 尼寺さんの電子メールボックスには毎日、楽天の店舗からいくつも電子メールが届いている。楽天からの電子メールもそのような広告メールの1つと思えた。しかし、楽天から直接送信されていることに気づいて再度電子メールを開くと、それが情報流出を伝える電子メールだった。


楽天市場に出店している「AMC」において、当店での一部取引に係る個人情報が流出した事実が判明しましたのでご報告申し上げます。

なお、お客様の情報は、このリストには含まれておりませんでしたが、当該店舗での利用履歴がございましたので、念の為、ご連絡申し上げました。


 AMC購入者の情報が流出したが、尼寺さんの情報は流出していない。クレジットカード番号も大丈夫。尼寺さんは「読みにくいな」と思いながら電子メールの文面を何度も読み返した。尼寺さんは、少し胸をなでおろした。

 しかし、「私のどんな個人情報がAMC、楽天にあるのかも分からない」と不安は続いた。楽天は「心当たりのない請求やダイレクトメール、電話勧誘などについては十分にお気をつけくださいますようお願い申し上げます」と記載していた。AMCからは何の連絡もなかった。楽天のWebサイトを見てもプレスリリースにある情報ばかりで、尼寺さんの不安を鎮める情報はなかった。

 しかし、尼寺さんの個人情報は流出していた。尼寺さんがそれを知ったのは8月7日午前11時過ぎ。楽天からの2回目の電子メールによってだった。流出した個人情報が、これまで発表していた284件ではなく、3万6239件だったと楽天が発表した翌日だ。購入した商品の情報も漏れていた。


今回新たに発見された36,239件のリストには、お客様の個人情報が含まれておりましたため、このメールを送信させていただいております。流出した内容は、お客様の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、購入商品、生年月日です。

なお、今回確認されたデータでは、お客様のクレジットカード番号は含まれておりませんでした。


 尼寺さんは前回のメールでは流出していないとしていた自分の個人情報が流出していたことにとても驚いた。そのため「前回と同じ回りくどい文章もあり、自分のクレジットカード番号が流出したと勘違いしてしまいました」。慌てた尼寺さんは、問い合わせ先となっている楽天の電子メールアドレスに、クレジットカード番号の変更手順などを問い合わせる電子メールをすぐに送信した。

 しかし、10日夜になっても返信はない。「こんなに返信が遅くて大丈夫でしょうか。分かりにくい電子メールの文章に怒っている人もたくさんいると思います」と尼寺さんは不信を強めている。

 「私は楽天は好きだし、今後も使うと思います。しかし、店舗やカード会社とあまりに連携していないのが不安です」。尼寺さんには現在のところ、不審なダイレクトメールなどは届いていない。念のためクレジットカード番号は変更した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -