速報
» 2005年10月17日 16時08分 UPDATE

携帯用液晶でもNTSC超の広色域 三洋エプソンが開発

NTSC比100%を超える広色再現域が特徴という小型液晶パネルを三洋エプソンが開発した。4色カラーフィルターを採用し、ブルー系の微妙な表現が可能だという。

[ITmedia]

 三洋エプソンイメージングデバイスは、NTSCを超える広色再現域を持つ携帯機器向け液晶パネルを開発、2006年初頭から量産を始めると発表した。PC用などではNTSC超の高品質ディスプレイが販売されているが、携帯電話では平均でNTSC比50%程度。「写真画質」の高品位パネルとして上位機種向けに販売する。

sk_epson.jpg

 開発したのはパネルは3製品。NTSC比108%以上の2.2インチ/240×320ピクセル(約185ppi)、同100%以上の2.8インチ/480×640ピクセル(約290ppi)の低温ポリシリコンTFTパネル2製品と、同108%以上の4.5インチ/480×640ピクセル(約180ppi)のアモルファスシリコンTFTパネル。

 セイコーエプソンがプリンタ開発で培った技術をもとに、液晶ディスプレイに応用した「Photo Fine Chromarich」を搭載した。カラーフィルターに、通常のRGB3色にシアンを追加した4色フィルターを搭載し、エメラルドグリーンやブルー系の微妙な色再現が可能になったという。

 ドライバICに色域拡大の演算アルゴリズムを内蔵しているため、本体側の追加メモリなどは不要。インタフェースなども従来品と互換性があり、入力データも従来のRGBデータがそのまま使えるという。

 新パネルなら、携帯向けショッピングサイトの商品画像なども美しく表示できる。高機能・上位機種向けに販売していくほか、高画質をいかせる新しいアプリケーションも開拓していく。

 新製品は「FPD International 2005」(10月19〜21日、パシフィコ横浜)に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -