速報
» 2005年10月31日 15時51分 UPDATE

「一太郎」新製品も「アイコン」は変更

来年発売の「一太郎2006」でも、ヘルプモードボタンは「問題がない形」に変更されている。

[ITmedia]

 ジャストシステムは10月31日、来年発売予定の「一太郎」「花子」新製品について、松下電器産業による特許訴訟の対象となった機能を「問題がない形」(浮川和宣社長)に変更したことを明らかにした。

photo 「一太郎2006」試用β版画面。ヘルプモードボタンは「?」の文字になっている

 訴訟では、「バルーンヘルプ」機能をオンにするボタンにマウスのイラストが入っていたため、これが松下が特許を持つ「アイコン」に当たるとされた。9月の知財高裁判決は松下特許を「無効とすべきもの」として松下の請求を棄却。その後ジャストの逆転勝訴が確定した。

 ジャストは3月、従来製品のヘルプモードボタンのデザイン変更ツールを配布していた。訴訟自体は勝訴したが、浮川社長は「小さなマウスのイラストなので、なくても操作に影響はない」とし、今後も新デザインに統一する方針だ。

 都内で開かれた「一太郎2006」「花子2006」発表会で、浮川社長は「ジャストシステムは一太郎がベースだという思いを強くしている」と新製品への期待を語った。訴訟を振り返り、「売り上げにはプラスの面もあった。マイナスもあったが、トータルでは影響はなかったと考えており、今後もないだろう」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -