ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月01日 08時33分 UPDATE

米電話会社の大型合併、FCCもゴーサイン

VerizonによるMCI買収、SBCによるAT&T買収が、司法省に続いてFCCでも承認された。

[ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)は10月31日、米通信会社SBC CommunicationsとAT&T、およびVerizon CommunicationsとMCIの合併をそれぞれ承認したと発表した。これに先立ち司法省も両社の合併を条件付きで承認している。

 消費者はそれぞれの買収によってもたらされる公共利益の恩恵を享受できるとFCCは結論。相互補完的なネットワークの統合によって効率性が向上し、コンシューマー向けの新サービス登場やネットワーク性能・信頼性の強化につながるほか、安定した信頼できる米国企業の誕生で、政府機関向けのサービス向上にもつながると指摘している。

 合併の条件として、加入者が電話サービスを契約していなくても、DSLサービス単体で契約できるようにすることなどが義務付けられた。

 SBCとAT&Tの合併は年内に、VerizonとMCIの合併は年内から来年初頭をめどに完了の見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.