速報
» 2005年12月08日 17時50分 UPDATE

ソフト違法コピー率1割減なら2兆9000億円の経済効果

日本のソフト違法コピー率が10%下がれば、4年間で2兆8800億円のGDP浮揚効果──大手ソフト会社で構成するBSAがこんな試算を発表した。

[ITmedia]

 日本のソフト違法コピー率が10%下がれば、4年間で2兆8800億円の国内総生産(GDP)浮揚効果──Microsoftなど大手ソフト会社で構成するBusiness Software Alliance(BSA)は12月8日、こんな試算を発表した。BSAによると日本の違法コピー率は28%。「違法コピーは、IT立国を掲げる日本のソフト産業に関わる雇用や税収、経済成長までをも阻害することが明らかになった」と話している。

 BSAが米IDCに委託して試算した。国内の違法コピー率が10%低下すれば、2006〜2009年まで4年間の国内IT市場規模は14兆8800億円に達し、GDP浮揚効果に加えて3万5000人近くの新規雇用、4800億円の追加税収を生み出す可能性がある、という。

 世界全体で違法コピー率が10%低下すれば、4000億ドルのGDP浮揚効果と240万人の新規雇用、670億ドルの税収創出が見込めるとしている。世界のIT産業の2009年までの予想成長率は33%だが、違法コピー率を10%下げれば45%にまで向上できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -