ニュース
» 2006年01月11日 14時29分 UPDATE

Macworld Expo 2006:初登場Mactelマシンのスペックが明らかに

AppleがMacworld Expoで発表した初のIntelプロセッサ搭載機、新iMacと新型ノートPC「MacBook Pro」のスペックが明らかになった。

[John G. Spooner,eWEEK]
eWEEK

 米Apple ComputerのIntelプロセッサ搭載機が初登場した。iMacとノートPCの新製品だ。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOは1月10日、サンフランシスコで開催のMacworld Expoでの基調講演で、Intelベースの新型iMacを発表した。このオールインワンマシンの新製品はIntelの最新のCore Duoプロセッサを搭載し、価格は1299ドルから。

 ジョブズ氏は基調講演で、同じくCore Duoを搭載したAppleの新型ノートPC「MacBook Pro」も発表した。同プロセッサはIntelが先週末に正式発表したものだ。

 新型iMacはプロセッサ以外は既存のG5プロセッサベースiMacとほぼ同じ構成だ。G5プロセッサベースのiMacは17インチまたは20インチディスプレイ、内蔵カメラ、マルチメディアファイルを扱うためのリモコンインタフェース「Front Row」などを備える。この製品は昨年10月に発売された。

 MacBook Proは新しい製品ブランドで、Core Duoプロセッサ、15.4インチワイドスクリーンディスプレイ、AppleのFront RowソフトおよびiSightカメラなどを搭載する。価格は1999ドルから。

 これらの新マシンの投入は、Appleの歴史上重要な転換を示している。同社は昨年6月、全製品ラインのプロセッサをIBMおよびFreescale製のPowerPCからIntel製品に切り替える方針を表明した。2006年6月までに開始するとされていたこの切り替えが、今回新型iMacとMacBook Proでスタートした。切り替えが最後に行われる製品ラインはPower Macの見通しだ。Appleは2007年6月までにプロセッサの移行を完了するとしていた。

 新しいIntelベースiMacには2つのモデルがあり、その1つは17インチディスプレイ、1.83GHz Core Duoプロセッサ、512MバイトRAM、160GバイトHDD、無線ネットワーク機能、DVDやCDの書き込みが可能なマルチフォーマットSuperDriveといった構成だ。価格は1299ドルで、ATI TechnologiesのRadeon X1600グラフィックスプロセッサと128Mバイトビデオメモリも内蔵する。

 もう1つのモデルはディスプレイが20インチ、Core Duoプロセッサが2.0GHz、HDDが250Gバイトで、価格は1699ドル。

 MacBook ProはPowerBook G4のマルチメディア指向を強めた後継製品と位置づけられているもようで、同じく2つのモデルが用意される。出荷は2月の予定だ。

 MacBook Proの15.4インチワイドスクリーンディスプレイと1.67GHz Core Duoプロセッサを搭載するモデルは、512MバイトRAM、80GバイトHDD、DVDやCDの書き込みに対応したスロットローディングSuperDrive、無線ネットワーク機能、iSightカメラ、リモコン機能などを備える。ATI Radeon X1600と128Mバイトビデオメモリも内蔵する。価格は1999ドルから。

 1.83GHz Core Duoプロセッサを搭載する上位モデルは2499ドルからで、1GバイトRAM、100GバイトHDD、256Mバイトビデオメモリなど、より充実した装備となっている。

 Appleは10日、iPod音楽プレーヤー用の新アクセサリも発表した。FMラジオ機能付きのケーブルリモコン「iPod Radio Remote」はiPod nanoや第5世代のiPodに接続でき、価格は49ドル。iPod Dock Connectorを備えるiPodをテレビに接続できる「iPod AV Connection Kit」は99ドル。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -