ニュース
» 2006年01月11日 19時42分 UPDATE

Google Videoにブーイングの嵐

Googleは神通力を失ってしまったのだろうか。同社の最新サービス「Google Video」は、観測筋の間で圧倒的に不評だ。

[Ben Charny,eWEEK]
eWEEK

 ある観測筋が最近指摘したように、米Googleは最先端サービスの開発に関して、「魔法の妖精の粉を失ってしまった」という見方が大勢を占めつつある。

 駄作の最新例はビデオダウンロードストア「Google Video」だ。このサービスは先週Googleから鳴り物入りで発表されたが、それ以来同社の最大の支持者の一部からさんざんに酷評されている。

 否定的なレビューが1月10日に多数発表されたが、共通して指摘されていたのは、同社の失敗はGoogle Videoだけに限らないという点だ。批判者は、むしろこのサービスは、新しい試みをことごとく成功させてきたGoogleの力がうまく働かなくなっていることを示唆する最近増えてきた失敗の1つであり、このことはGoogleのみならず、同社の投資家や、家や職場で同社のサービスを利用している人々にとって懸念材料だと考えている。

 「どういうわけか、人々はGoogleが、iPodのように衝撃的な、同社に対する既成概念を一変させるようなことをやってのけていくという期待を持ち続けている」とアンドリュー・グッドマン氏は検索エンジンに関するブログ「Traffick」で書いている。「Googleには優れた力量があるのだろうか。あるのかもしれないが、新しいGoogle Video Storeはまったくなっていない」

 駄作はもとより、普通レベルのサービスでも、Googleファンにはなじめない。ネット検索最大手のGoogleは、過去10年にわたって驚くほどユニークな機能を提供し続け、それらの機能は登場するとすぐにライバル会社に追随されてきた。

 同社の最初のイノベーションは、使いやすいすっきりしたデザインの検索エンジンだった。そのルック&フィールは登場当時は斬新なものだった。

 それから10年間、市場を揺るがすサービスがGoogle Labsから泉のように次々と生み出されてきた。ほとんど毎週のように、AdSenseやGoogle Mapsのような新サービスが登場するかのような勢いだった。AdSenseはGoogleの画期的なWebサイト広告掲載システムで、Google Mapsはユニークな操作性を提供し、ほかのサイトが取り込むことも可能なオンライン地図だ。

 だがこの1年くらいの間に、ありきたりのサービスや、質の低いサービスまでもが提供されるようになった。一部の技術者は、Googleは昨年、IMサービスのGoogle Talkを発表した時から先進性を失い始めたと見ている。

 Google Talkは、使いやすいのは確かだ。だが、膨大なPCデスクトップで使われるに至っているYahoo!やMicrosoftのインターネット部門MSN、America Online(AOL)が提供する主流のIMサービスと比べると、まったく平凡だと、Searchenginewatch.comのゲーリー・プライス氏をはじめ多くの批判者が述べている。

 そして今回登場したGoogle Videoは、さらにお粗末なようだ。批判者は多くの問題点を指摘している。

 ビデオの選択肢が限られており、ダウンロードの帯域が狭いほか、ユーザーインタフェースが不安定だという。また、ダウンロードプロセス全体の最初のステップであるアカウント認証ができないという問題も浮上している。

 おそらく最も重大な問題は、Googleが採用しているビデオの著作権保護手段が明らかに旧式なことだろうと、Searchenginewatch.comのプライス氏は語る。新たに判明した詳細な情報によれば、販売サービスが開始されたばかりのGoogle Videoのビデオの著作権保護には、プロプライエタリなビデオプレーヤーとユーザー名/パスワードシステムが使われている。

 問題が何であれ、Google Videoがかなりひどい印象を与えているのは確かだ。

 「これは私の思い過ごしなのか。それとも、Googleが初めてリリースした、まったく駄目なサービスなのか」とデーブ・ペル氏は自身のブログ「Daventics」で書いている。

 こうした批判に対し、Googleの広報担当者はeWEEKへの電子メールで次のように述べている。「われわれは常に、開発のできるだけ早い段階でサービスをリリースし、ユーザーのフィードバックに基づく反復型開発プロセスを迅速に進めていきます。われわれはユーザーのフィードバックを大いに歓迎しており、ユーザーにとって最高の検索体験を構築することに全力を注いでいます」

 Googleは見事な手腕を再び発揮しなければならない。さもなければ、同社が大手IT企業の一角を占め、ソフト最大手のMicrosoftと張り合うまでに成長する支えとなってきた競争上の大きな強みが失われかねない。

 「Googleの魅力の1つは、彼らのサービスはどれもβ段階でリリースされてきたが、その多くは既にわくわくさせるものだったことだ」と、Technoratiで人気のブログ「Techdirt」への投稿で「Mike」氏は述べている。

 「このことを踏まえると、Google Videoの初期レビュー(主にGoogleシンパの人々の)を見て回った結果から考えられるのは、何かがまったくうまくいっていないということだ」(同氏)

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -